成田でJAL787型機から発煙 バッテリーが過熱か

印刷

   2014年1月14日16時15分ごろ、成田空港で出発準備をしていた日本航空(JAL)のボーイング787型機から煙が出ているのを操縦席にいた整備士が発見した。バッテリーを格納している容器を確認したところ、8つあるリチウムイオン電池の「セル」のうちひとつに発熱した形跡があり、圧力を逃がすための安全弁が作動していた。

   トラブルがあったのは、18時5分発の成田発バンコク行きのJL707便。乗客を乗せる前だったため、けが人はなかった。707便は別の787型機に機材を変更して7分遅れで出発した。

   787をめぐっては、13年1月に全日空(ANA)機のバッテリーから発煙して高松空港に緊急着陸。ボーイング社がバッテリーを改修するまで約4か月間にわたって運航を見合わせていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中