東芝、英原発会社に60%出資 原発3基建設へ

印刷

   東芝は、英国の原子力発電事業会社「ニュージェン」株式の60%を取得することで合意したと、2014年1月15日に発表した。株主であるスペイン電力大手イベルドローラと仏電力大手GDFスエズから、1億200万ポンド(約170億円)で取得する。残りの40%の出資は、GDFスエズが引き続き維持する。

   東芝の子会社の米ウェスチングハウス(WH)が英北部ムーアサイドで開発が進められている原発に原子炉「AP1000」3基(合計出力340万キロワット)を供給。2024年に1基目が稼働を開始する計画。

   欧州ではドイツなどで「脱原発」の動きが広がる一方で、英政府は原発建設を推進。12年には日立製作所が英原発会社「ホライズン・ニュークリア・パワー」を、ドイツの電力大手から買収している。

   日本国内で原発の新設が見込めないなか、国内メーカーは海外展開に生き残りをかけている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中