北朝鮮「張成沢処刑」の理由に新説 「喜び組」に手をつけて正恩氏怒らせた?

印刷

   北朝鮮の国防委員会副委員長だった張成沢(チャン・ソンテク)氏が2013年12月に突然処刑された理由に、新たな説が浮上している。宴会などで朝鮮労働党幹部を接待する「喜び組」と呼ばれる女性たちと張成沢氏が関係を持ったことに正恩氏が激怒した、というのだ。

   確かに、張氏の女性関係を指摘する声は他にもあり、女性問題が失脚の一因になった可能性もありそうだ。

労働新聞が報じた張成沢氏の処刑直前の写真。女性問題が理由だとの説が出てきた
労働新聞が報じた張成沢氏の処刑直前の写真。女性問題が理由だとの説が出てきた

正恩氏の幼少期知る藤本氏が語る

   新説を唱えているのは、2001年まで故・金正日総書記の専属料理人として北朝鮮に滞在した藤本健二氏だ。藤本氏は幼少期の正恩氏のことも知っており、12年夏には訪朝して11年ぶりに正恩氏との再会を果たしている。

   藤本氏は14年1月9日に米政府系ラジオ局「自由アジア放送」(RFA)が行ったインタビューの中で、処刑は「喜び組を選抜する過程で張成沢が犯した女性遍歴」が原因だったとの見方を示した。単なる失脚にとどまらず処刑にまで至った理由については、

「北朝鮮から彼の痕跡を完全になくすためで、それだけ張成沢氏に対する正恩氏の怒りが大きかったという証拠」

と語った。張氏の失脚を伝える13年12月9日の朝鮮労働党の機関紙、労働新聞では、張氏の罪状について

「権力を乱用して不正腐敗行為をこととし、多くの女性と不当な関係を持ち、高級食堂の裏部屋で飲食三昧におぼれた」

とある。正恩氏が張氏の道楽ぶりに怒っていたことは間違いないようだ。

   崔竜海(チェ・リョンヘ)軍総政治局長との確執が背景にあるとの説については、藤本氏は

「崔竜海氏と張成沢氏が争うことは、まずない」

と否定した。

「1980年代に、崔竜海氏がボーリング場建設に関連して朝鮮総連から10万~15万ドルの賄賂を受けてピンチに陥っていたときに助けてくれたのが張成沢氏」

だからだという。

女性楽団員とポルノビデオ鑑賞に興じる

   脱北者からも張氏の女性問題を指摘する声が出ており、北朝鮮の政権内部では比較的問題が広く知られていた可能性もある。

   2013年に多数のメンバーが処刑された「銀河水(ウナス)管弦楽団」は、金日成社会主義青年同盟(中央社労青)の宣伝隊が前身だとされる。張成沢氏と崔竜海氏は、かつて社労青のトップを務めていた。「週刊文春」1月23日号では、00年に脱北した元女優のジュ・スンニョン氏のインタビューを掲載しており、その中で当時のエピソードをこう暴露している。

「張成沢と崔竜海の二人は、直接女性たちを選べる権限がありました。中央社労青の最高責任者だったので、学生や青年を管轄する立場にあるからです。二人は、団員の女性たちを別荘に呼び、『黄色ビデオ』(ポルノビデオ)を一緒に見ながら遊んでいました。それが発覚し、一時期地方に飛ばされたのは、あまりにも有名な話です」

   ただ、正恩氏の妻、李雪主(リ・ソルジュ)氏については、ジュ氏と藤本氏の見解は分かれている。ジュ氏は

「『張成沢と李雪主には男女関係があった』という情報が流れていますが、私はその可能性は十分にあると思います。李雪主を銀河水管弦楽団に引き上げたのは張成沢でした」

と、張氏は李氏と交際していたとみるが、藤本氏は「とんでもない」と強く否定している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中