NEC、ビッグローブ売却か 投資ファンドに

印刷

   NECは、子会社でインターネット接続サービスのNECビッグローブを売却する方針だと、複数のメディアが2014年1月21日に報じた。売却先は投資ファンドの日本産業パートナーズとみられる。

   ビッグローブは2006年、NECが事業分社して設立された。会員数は約300万人で、国内4位。売却が成立すれば、国内プロバイダーの再編につながるとの見方も出ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中