サンリオショップが「キティちゃん」の産地を偽装!? 朝日新聞が行った調査報道は「揚げ足取り」か

印刷

   サンリオの店舗で日本製と表示されたグッズが実は中国製だった、そんな見出しが朝日新聞の2014年1月20日付け夕刊社会面トップに大きく踊った。その横の記事が中国製の毒入り冷凍ギョーザ事件だっただけに、よけいセンセーショナルに受け止められる形になった。

   食品偽装が社会問題化している時期だけに、グッズの産地偽装もあるのかと話題になったが、サンリオの説明によれば販売したグッズのタグにはちゃんと「MADE IN CHINA」と書かれていて、それが日本製だけを集めたはずの棚に紛れ込んでしまった、ということらしい。ネットでは朝日新聞の記事に対し「揚げ足取り?」などといった批判も出ることになった。

国内220店舗の点検をすることになった

   「中国製グッズ 表示は日本製」と大きな見出しを躍らせたこの記事には、ハローキティなどのキャラクター商品で知られるサンリオの東京・銀座の直営店「サンリオワールドギンザ」で、「日本製」と表示した陳列棚で中国製商品を販売していたことがわかった、と書かれている。しかも、「MADE IN CHINA」と書かれている部分を隠すように値段のシールが張られているものがあり、店員に「日本製はどの商品か?」と聞くと、「全部ですね」と棚を指さし取材に答えた。中国製が置いてあると指摘したところ、店員はあわてて「日本製」の表示を移動させた。また、消費者庁の、

「タグを見ず、棚の表示を見て買う人もいる可能性があり、問題だ」

というコメントも掲載している。サンリオは「意図的な偽装でなく、担当者の勘違いだった」と釈明し、14年1月14日から国内220店舗の点検に乗り出した、と書いている。

   今回の「事件」は、早大大学院政治学研究科ジャーナリズムコースの調査報道の実習で、授業の非常勤講師をしている朝日新聞の編集委員の指導のもとに発覚した。13年秋に同大学院修士課程に入った中国人留学生がいて、その友人が父から日本旅行のお土産にもらったハローキティの縫いぐるみが中国製でがっかりしていたことをヒントに、「日本で中国製の商品を買う中国人観光客」を取材のテーマにしたことで行きついたのだという。朝日新聞に記事が出た1月20日、同大学のウエブマガジン「Spork!」に取材を行った学生が書いたサンリオの記事がアップされている。

「陳列棚間違えただけで商品には中国製と書いてあるんだろ」

   一方ネットではこの記事を読んで「サンリオはけしからん!」といった声が思いのほか多くはない。朝日新聞はサンリオショップの「日本製」を示す棚に置かれていたという看板の写真を「証拠」として掲載しているが、そこに書かれている文字を読むと、「日本製」もしくは「Made in Japan」と書いている商品が日本製です、となっていて、全てが日本製だとは書かれていない。そのためネットでは、

「陳列棚間違えただけで商品には中国製と書いてあるんだろ」
「あげあし取りかもね」
「商品タグには中国製って書いてあるんだから気にすんな」

などといった意見も出ている。

   サンリオ広報に話を聞いてみたところ、

「どれも意図的にやっていたわけではなく、間違って棚に陳列していたことがわかりました。『偽装』などという言われ方もありますが、私どもは商品に原産国を表示しています」

と説明した。「MADE IN CHINA」と表示されている所に値段のシールを張ったのもバーコードを避けたところたまたまその部分になってしまったり、「全部が日本製」と答えたのも店員の経験不足による勘違いだったりしたのだという。サンリオ広報は、「日本製」と書かれた棚に中国製を置いてしまった間違いについて謝罪するとともに、こうしたことが今後起きないように徹底したい、と話している。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中