「出演者に挑発させたTBS側が悪い」「暴力はダメだ」 デヴィ夫人平手打ち騒ぎ、ネットで議論

印刷

   タレントのデヴィ夫人(73)が出演女性を平手打ちしたとされる問題で、TBS側がこの女性に番組を盛り上げるよう挑発させていたと報じられ、非難が相次いでいる。

   「デヴィ夫人も男性を虐げている」。報道によると、バラエティ番組「奥様はモンスター2」の収録で、一般人として出演した女性(33)はこう言って挑発したという。

「スタッフから『嫌な女性を演じて』と言われた」

まだブログでは触れず
まだブログでは触れず

   収録は、2014年1月9日に東京都世田谷区のスタジオで行われ、デヴィ夫人は、こんな挑発を繰り返す女性に怒りを露わにした。台本を逸脱したような怒り方で、女性と取っ組み合いのケンカのようになったともいう。デヴィ夫人は、女性の顔を3回平手打ちにし、スタッフが止めに入ると、スタジオを出て行ってしまった。

   その異様な雰囲気に、共演者は驚き、スタジオがしばらく静まり返ったという。15日の放送では、トラブルになった部分はカットされている。

   警視庁の広報課に取材すると、女性からはその後、被害届が出され、成城署が受理して暴行の疑いで捜査していることを明らかにした。

   一方、朝日新聞によると、女性は、番組スタッフから事前に「嫌な女性を演じて番組を盛り上げて」と言われた。そして、アドリブでデヴィ夫人に絡んでいたというのだ。

   トラブルについて、ネット上では、「暴力は絶対ダメだ」とデヴィ夫人を批判する声もある。しかし、「ヤラセでわざと怒らせたのか」「訴えられるのはテレビ局の方だろ!!」などと、番組を制作したTBS側を非難する向きの方が多い。

「番組制作の過程は、お答えしていません」

   スポーツニッポンが報じたところでは、タレントの西川史子さん(42)が2014年1月21日、この番組に出演していたことを明らかにした。関西テレビ(大阪)のバラエティ番組「ハピくるっ!」の中で話したもので、女性がデヴィ夫人を挑発していたようには感じたものの、それは「番組の演出という感じじゃなかった」という。

   女性を挑発させたかなどについて、TBSの広報部では、「番組制作の過程については、従来よりお答えしていません」と取材に答えた。また、トラブルについては、「推移を見守っていますので、コメントは差し控えさせて下さい」と言うに留まった。この番組は、外部制作だといい、担当したジッピー・プロダクションに取材すると、担当者が不在とのことだった。

   デヴィ夫人は、ブログでまだトラブルに触れておらず、事務所のオフィスデヴィスカルノでも、「担当者がいないので、コメントできません」と取材に答えた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中