「西川史子を殴ればよかった!」 デヴィ夫人「平手打ち」騒動が意外な展開

印刷

   テレビ番組の収録で一般女性の言動に怒り3発平手打ちを食らわせた、いわゆる「平手打ち騒動」について、「デヴィ夫人」ことデヴィ・スカルノさん(73)がようやく自身のブログで詳細を説明した。

   制作会社の意図で嫌な女を演じさせられたという女性に同情と理解を示しつつ、なんと、医師でタレントの西川史子さん(42)非難に発展している。

西川史子が女性を挑発した?

デヴィ夫人のブログ
デヴィ夫人のブログ

   この騒動は、2014年1月9日に行われた番組収録で、女性から執拗に挑発され、怒ったデヴィ夫人が女性の顔を3回平手打ちし、収録を途中退席してしまった。女性は被害届を提出し、警視庁成城署が受理して暴行の疑いで捜査していたというものだ。1月20日に一部メディアが報じたことで明らかになった。

   夫人は1月22日に行われた、女優の淡路恵子さんの葬儀・告別式に参列した際、詰めかけた報道陣に「残念ながら出演者の中には、逆に彼女をけしかけるようなタレントさんもいたので、ちょっと不幸なことが起きてしまいました」と説明、「私と彼女の話し合いで済む問題だと思っている。お騒がせして申し訳ないけど騒がなくていい」と、和解を考えていると明かしていた。

   発覚から4日経った1月24日、この騒動について初めてブログで触れたのだが、タイトルは「夫にも愛されなかった 惨めな西川史子と モンスター妻」と、なぜか西川さんに飛び火している。

   ブログによると、同じ番組収録に参加していた西川さんから、夫人の話に対して人格そのものを非難する言葉が飛び出した。「お人好し」と自称する夫人は我慢して西川さんの靴にじゃれるふりをしたという。

   しかし問題の一般女性が登場した際、西川さんがそれまで以上に失礼な言動を取り始め、女性を挑発した。女性は夫人に焦点を定め、「執拗に愚問を繰り返し」たそうだ。

「ビッチ呼ばわりで怒った」報道は否定

   他のパネラーは夫人をなだめてくれたが、司会者やスタッフは女性を止めず。あまりに執拗で異常な攻撃と感じた夫人は、思わず立ち上がり「この番組の責任者は誰ですか?」と叫んだ。プロデューサーが名乗り出てきたので、「あなた方が彼女にこういうことを言わせているのですか?」と聞くと、「そんなことはありません」と答えたという。

   それでも女性からの「度が過ぎる 失礼な態度と それは 不快な目つきと 笑み」は消えなかったため、「我を忘れ 彼女に平手打ちを 3回打ちました」。次いで西川さんを非難したところ、西川さんは「自分も殴られるかと思ったようで 後ろにたじろきました(原文ママ)」そうだ。

   収録が終わってから、夫人の事務所に女性から電話が連日入るようになった。たまたま夫人が電話を取ったところ、女性は「番組制作会社のディレクターから『嫌な女を演じ夫人を怒らせるよう場を盛り上げて欲しいと頼まれていた』」と釈明。「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)のロケで海外に行くことになっていた夫人は、帰国後女性と会うことを約束して電話を切ったという。

   夫人は1月22日に帰国、多忙のためまだ面会は叶っていないが、近々会うことになっていると説明している。

   「女性が夫人を『男にだらしない』『ビッチ』と呼んだ」という一部メディアの報道は否定した。

   ただ、夫人の説明の通りだとすると、なぜ女性が被害届を出したのか、疑問が残る。

西川史子は「番組が女性の発言操作したとかはない」

   そもそも女性の失礼な言動は西川さんの態度がきっかけになったと考えているらしい夫人は、

「私が平手打ちしなければならなかったのは西川史子だったのかもしれませんね。この可愛げも 女らしさの ひとかけらもない 男にも 女にも 愛してもらえない 可哀相な ギスギスと 小憎らしいことしか言えない この亀顔の 女の顔を 平手打ちした方が 良かったかもしれませんね、今 思えば・・・」

とネチネチと攻撃。「西川史子は 小憎らしいことを 言っているうちに それが セカンド・キャラクターになったのか 元々 そういう性格で キャラが定着したのか 皆さん どう思われますか?」と、「西川さん非難」でブログを締めくくった。

   ちなみに西川さんは、1月21日放送の関西テレビ「ハピくるっ!」で、「(平手打ちがあってからは)お葬式みたいな収録でしたよ」と振り返りつつ、「番組側が操作したとかはないですね。本人(女性)が思ったから言ったんじゃないですか?」と、夫人のブログとは反するコメントをしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中