ケンコーコム、大衆薬のネット販売規制めぐり国を提訴

印刷

   2013年の薬事法改正で一般用医薬品(大衆薬)の一部をネット販売禁止にする分類「要指導医薬品」を国が新たに設けることについて、楽天子会社のケンコーコムは2014年1月27日、規制差し止めを求める訴訟を東京地裁に起こした。

   同社の後藤玄利社長は、

「厚労省は、要指導医薬品の ネット販売を禁止する理由を『五感を用いて判断する必要がある』からと説明しますが、『五感』が合理的・科学的な根拠であるとは到底納得できません」

というコメントを発表している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中