回収商品リスト、郵送できなかった? 問い合わせ100万件、アクリフーズどうすればベストな対応か

印刷

   冷凍食品に農薬が混入された事件で、アクリフーズの対応が悪いと受付に居座った男が逮捕された。男の過剰な反応に疑問の声が上がる一方、アクリフーズ側も、もっと適切な対応ができなかったのかとの指摘も出ている。

   タクシー運転手とも報じられた東京都八王子市の職業不詳の男(46)が逮捕されたのは、不退去という異例の容疑だった。

「対応が悪い」と居座った男が逮捕されたが…

ホームページでは案内
ホームページでは案内

   報道によると、男は2014年1月26日、アクリフーズに電話をかけ、「回収商品のリストを送ってほしい」と要求した。ところが、担当者からは「個別に対応するのは難しい」として郵送できないと言われたという。男は翌27日、東京都江東区のアクリフーズ本社に出かけて、受付で「電話の対応が悪い」「上司を出せ」とクレームをつけた。

   アクリフーズ側は、複数の社員で対応したが、居座り続けたため、2時間後に退去を求めた。「お引き取り下さい」との5回の依頼も無視したため、1時間後に110番通報し、男は、駆け付けた警視庁深川署員に現行犯逮捕された。回収商品を男が購入していたかは分からないという。

   アクリフーズ側の対応について、ネット上では、「毅然とした態度で撃退すべき」「ヘコヘコせず警察呼んだのは偉い」などと理解を示す声はある。しかし、「対象リストを郵送できないってどうかと思う」「来社の時点でさっとコピーして渡せば感情的な拗れに発展しなかったのでは」といった指摘も相次いでいる。

アクリフーズ「捜査中なので、説明は控えたい」

   アクリフーズの広報室では、取材に対し、容疑者の男からの電話は、最初は回収商品リストを送るよう求めるような内容ではなかったことを明らかにした。郵送などを断るといった話でもなかったとしたが、「警察が捜査しているので、詳しい状況についての説明は控えさせていただいています」としている。

   回収商品については、これまでに100万件近い電話などでの問い合わせが来ており、問い合わせには、まずはホームページや新聞の全面広告に出ているリストを案内しているという。しかし、個別に要望があった場合は、パソコンなどがない人もいるため、リストの郵送やFAXなどの対応はしていると言っている。

   実際、容疑者の男とは、どんなやり取りだったのかついて、警視庁の広報課に取材すると、報道発表以上のことは答えられないとのことだった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中