竹下登元首相の孫娘原作「LOVE STAGE!!」 「過激BL」漫画がアニメに、とネットで話題

印刷

   男性同士の恋愛(ボーイズラブ)を妄想させるとして腐女子に大人気のテレビアニメが増えているが、今度はBLの中でも「過激な本格もの」が放送されるとネットで話題になっている。

   「LOVE STAGE!!」で、男性同士のリアルなキスシーンといった際どいシーンが満載で、原作者は第74代首相の竹下登氏の孫娘、影木栄貴(えいき えいき)さん(42)、あの人気ミュージシャンでタレントDAIGOさん(35)の実姉だ。マンガにはDAIGOさんそっくりのキャラが登場していて、オープニング曲や声優もDAIGOさんが担当するはずだ、などとネットで盛り上がっている。

「DAIGOが好きだからお姉ちゃんも応援してる」

アニメ「LOVE STAGE!!」公式サイト
アニメ「LOVE STAGE!!」公式サイト

   「LOVE STAGE!!」は角川書店の隔月刊漫画雑誌「CIEL(シエル)」で連載中の人気マンガで、大人気俳優の一条龍馬(20)と、芸能人一家に生まれタレント活動をしていたが、自分の犯したミスで芸能界が大嫌いになった瀬名泉水(18)という2人の男性の恋愛を描いている。

   原作は漫画家である影木さんで、作画はつだみきよさんとなっている。ただ、つださんがBL(ボーイズラブ)を描くときのペンネーム名、「蔵王大志」を使っている。この2人は親友で、BLを扱う同人誌仲間として長く活躍してきたことでも知られている。

   このところBLを思わせるテレビアニメが増えていて、2013年の「Free!」の大ヒットで市民権が得られたと話題になり、今後もBL系のアニメ作品は増えていきそうだ。そうした中でも、「LOVE STAGE!!」は別格といわれ、

「ガチホモ来たーーーー!!!!」
「時代はホモなんだよねー 。夏にホモニキ水泳はじまるし・・・」

などといった感想がネットに出ている。

   また、影木さんの弟がDAIGOさんだから、

「DAIGOが好きだからお姉ちゃんも応援してる」

とし、主題歌はDAIGOさんに歌ってほしいといった要望もあがっている。アニメの公式ホームページは2014年1月28日に立ち上がったばかりで、放送は年内としか告知しておらず、声優の配役も未発表だし、原作通りの過激アニメになるのかどうかもわからない。

おじいちゃんの力で漫画家になれたと見られるのが嫌だった

   孫娘がずっとBL系の漫画家として有名だったのは驚きだが、実はデビューしてからずっと影木さんはその事実を隠してきた。産経新聞や集英社のマンガ雑誌「ジャンプスクエア」に掲載されたインタビューを読むと、大学を卒業し出版社でマンガの編集者を経験した後に、自分の力で頑張って漫画家になったのに、元首相の力でなれた、と言われることへの抵抗が強かった、と話している。ちなみに竹下元首相とはとても仲が良く、竹下元首相が首相指名された日に「アイムソーリー、ボク総理~♪」、と自宅に戻ってきたというエピソードも紹介している。

   それがなぜ、元首相の孫であることをカミングアウトしたのかといえば、DAIGOさんが「全部じいちゃんのおかげでーす!」と、100%祖父の力を借りたような形でブレイクしていく姿を目の当たりにし、「もう、いいのかな?」と何かが吹っ切れた、と打ち明けている。実はDAIGOさんも孫だということをしばらく語らなかった。理由は影木さんと全く同じで、30歳を前にして「まぁいっかな」と思ったのだという。そんな姉弟が関わっている「LOVE STAGE!!」、ネット上での期待度は大きい。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中