金敬姫氏に「欧州滞在」説 読売新聞報じる

印刷

   2013年12月に処刑された張成沢(チャン・ソンテク)の妻、金敬姫(キム・ギョンヒ)朝鮮労働党書記(67)が欧州に滞在している可能性が浮上した。読売新聞が14年1月30日、複数の北朝鮮消息筋の話として伝えた。金氏は張氏の処刑後に北朝鮮を出国しスイスに入国。その後ポーランドに移った可能性もあるという。

   金氏をめぐっては、13年12月に死去した朝鮮労働党幹部の葬儀委員会の名簿に名前を連ねていることを除けば、約5か月にわたって動静が途絶えている。韓国では重病説や自殺説が流れていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中