加藤茶ブログは45歳年下の嫁の成りすまし? 2人のやり取りの時間が合わず「証拠が上がった」と話題

印刷

   加藤茶さん(70)のブログは思った通り45歳年下の嫁が書いていた、そんな話題でネットが盛り上がっている。妻の加藤綾菜さん(25)自身もブログを持っていて2つをかき分けていたと見る向きがあるのだが、本当だろうか。

   加藤茶さんのブログは結婚後に何かと話題になり、綾菜さんへのバッシングが相次いで起こっていた。例えば綾菜さんをPRする場として「乗っ取られてしまった」とか、豪華な食事の写真をアップした時には「カトちゃんを殺す気か!」、年賀状の写真では奥さんが中心に大きく写っていて、加藤茶さんが背後霊のように小さいと批判された。

結婚してからブログは綾菜さんをPRする場になった

本人が書いているのか(画像は加藤茶さんのブログ「加トちゃんぺ」)
本人が書いているのか(画像は加藤茶さんのブログ「加トちゃんぺ」)

   加藤茶さんのブログは妻の綾菜さんが成りすましで書いているのではないか。そんな噂は2011年の結婚直後からあった。とにかくブログの内容がそれまでとはガラリと変わって、食事やパーティー、ブログ内のステマと呼ばれる商品まで、綾菜さん中心のものになり、「綾菜さんの宣伝に使われているかのようだ」と囁かれていたからだ。特に話題になったのは2012年12月7日付の故森光子さんに対するお悔やみの記事。急に「今日は途中から綾に変わります」と書き、綾菜さんもお悔やみを述べるのかと思ったら、綾菜さんはなぜか写真入りでスキンケア商品の紹介を始め、

「クリスマス限定セットはこのページ から買えるみたいです!」

などと書いた。13年8月30日の記事では、スマホ用のパズルゲームの宣伝をした。ゲームで遊んでいる加藤茶さんの写真はスマホに慣れていないせいなのか、全く楽しそうには見えなかったため、綾菜さんに無理やり営業をさせられているのだろうと話題になった。加藤茶さんは13年11月15日に「嫁さんがブログ初めたよ!(本文ママ)」と書き、リンクを張った。この日から2つのブログがリンクで結ばれたが、ネットでは加藤茶さんのブログが手抜きになったという声が出て、「奥さんが自分のブログで忙しいようだ」などと話題になったりもした。

   そんなこんなで加藤茶さんは綾菜さんに「支配」され、ブログも綾菜さんが成りすましで書いているのだろうと噂になったが、つい最近、その証拠が見つかったとネットで騒ぎになった。

「本人が書いているのだと思う」と所属事務所

   それは加藤茶さんが地方公演のため自宅を留守にしていた14年1月28日付のブログで、

「ふと嫁さんのブログをみたら オイラから電話が来なくて寂しいって書いてあったから今から急いで電話します」

という文章をアップした。ところが綾菜さんがブログで、

「さきいかを噛みながら加トちゃんの電話待ってます。。。まだかな~寂しいなぁ~」

とアップしたのは、加藤茶さんが「寂しいって書いてあった」と書いてから20分後で、2人のやり取りの時間が合っていない。これは綾菜さんが2つのブログを掛け持ちしていてアップする順序を間違った「誤爆」だ、そう取り沙汰されたのだ。これが本当に証拠になるのかよくわからないが、ネットには、

「知ってた。ゲームのステマしてたのも全部嫁だろ あんなの茶がやるわけない」
「もしかして、このブログの存在自体も加藤茶知らないんじゃね?」

などといった感想が出ている。

   実際、加藤茶さんのブログは本人が書いているのだろうか。所属事務所のイザワオフィスに聞いてみたところ、

「たぶん本人が書いているものだとは思いますが、詳しいことはマネージャーが外出しているためわかりません」

ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中