デヴィ夫人またまた西川史子攻撃 「亀顔女が『文春』に何を言ったのでしょう」

印刷

   「デヴィ夫人」ことデヴィ・スカルノさん(73)が2014年1月31日、女医の西川史子さん(42)にブログでかみついた。

   30日発売の「週刊文春」ではバラエティ番組「奥様はモンスター2」(TBS系)番組収録の様子が描かれていた。オンエアされていない部分まで忠実に描かれていることから、その情報源が西川さんなのではないかというのだ。

西川さんの足に殴りかかったと書かれる

またもブログで攻撃
またもブログで攻撃

   「文春」では西川さんの発言が気に障ったデヴィ夫人が、ひな壇の背後にいる西川さんの足に殴りかかったと書かれていた。夫人は「友人が私の自宅を訪れた際、車をうちの車庫前に停めたら、警察に通報された」とのエピソードを明かした際に、西川さんから「あなたが何かしたからやられたんでしょう」と攻撃的に突っ込まれ、年上らしく発言をかわしながら「彼女の靴にじゃれる振りをしました」と説明している。

   「文春」は複数の「番組関係者」から話を聞いたとしているが、「GP(編注:制作会社)とTBSが話す筈がありません。出演者の誰かと想像されます」と反論する。

   また、関係者の話として、「西川さんは完全なとばっちりですよ。二人を宥めようとしたのに、逆に悪者にされちゃった」と、西川擁護の発言が書かれていることから、夫人は「厚顔無恥の亀顔女(編注:西川)が『文春』に何を言ったのでしょう」と推測している。

   なお「文春」の取材に対して西川さんは「ノーコメント」だったという。西川さん側は公式には取材に応じていないので、真相はやぶの中だ。

30日に被害届けが取り下げられた

   また同番組で一般女性を「平手打ち」して、女性が警視庁成城署へ被害届を出した件については、23日に示談が成立し、30日に届けが取り下げられたと明かした。しかし夫人は「文春」の情報源は西川さんだけでなく、女性とその「夫」もだとし、「『示談』に違反する とんでもないこと」と非難する。

   夫人は24日にもブログで「夫にも愛されなかった 惨めな西川史子とモンスター妻」と題して西川さん攻撃をしていた。平手打ちすべき相手は平手打ちした女性ではなく、西川さんだったのかもしれないとして、

「この可愛げも 女らしさの ひとかけらもない 男にも 女にも 愛してもらえない 可哀相な ギスギスと 小憎らしいことしか言えない この亀顔の 女の顔を 平手打ちした方が 良かったかもしれませんね、今 思えば・・・」

としていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中