NHK朝ドラ「ごちそうさん」にまさかの「腐女子」登場 女学生「ふ久」が野球部バッテリーの会話を「妄想」

印刷

   放送開始から4か月連続で週間平均視聴率21%を超え、安定した人気を保っているNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で、ヒロイン「め以子」の長女「ふ久」に「腐女子」疑惑が浮上する衝撃のシーンが2014年2月3日放送回であった。

   インターネット上では放送中から「『ふ久』が『腐久』になった日」などと話題になり、放送直後の「あさイチ」でもキャスターの井ノ原快彦さんと有働由美子アナウンサーがそれと匂わせるコメントを交わしていた。

手元の本には目もくれず弟と先輩を凝視

意外な「腐女子」設定にお茶の間もびっくり?(画像は「ごちそうさん」公式サイトのスクリーンショット)
意外な「腐女子」設定にお茶の間もびっくり?(画像は「ごちそうさん」公式サイトのスクリーンショット)

   「ごちそうさん」は東京の洋食屋で育った食いしん坊な主人公、卯野め以子(杏さん)が大阪出身の西門悠太郎(東出昌大さん)に恋をして嫁ぎ、大正から昭和の時代をたくましく生きながら「食」を通じて家族を幸せにする、という物語だ。戦時下となった現在は、食糧事情が厳しくなる中で工夫を凝らしながら料理を作り、周りの人たちと助け合いながら明るく懸命に暮らす姿が描かれている。

   夫婦の間には3人の子供がいる。長女の「ふ久」は小さいころから物理の才能を示す一方で集団行動に馴染めず、気難しい子だ。高等女学校に通う現在も物理にのめりこみ、食事中でさえ本を手放さない。ところが2月3日放送回では、そんなふ久が物理以外のことに興味を持つという珍しいことが起きた。野球部でキャッチャーをしている弟の「泰介」は、たびたび先輩のピッチャー「諸岡弘士」を連れて帰り、一緒に食卓を囲んでいた。ふ久は、そうした2人を見つめ、時には手に持った本そっちのけで、諸岡が泰介の腫れてしまった真っ赤な手を掴んで気づかうところを観察することもあった。

ネット上では放送中から大盛り上がり

   事件は食後のキャッチボールで起きた。精力がつくというオットセイ肉入りカレーを食べた諸岡はいつにない剛速球を放ち、泰介は思わず痛みに顔をゆがませた。諸岡が駆け寄り「ちょっと手みせてみ」と言うと、同じくオットセイカレーを食べたふ久の妄想スイッチが入ってしまった。

   「嫌なんです、先輩の球を他の誰かが受けるなんて」「最後の甲子園やないですか。先輩の剛速球を最後までこの手で感じていたいんです!」と、泰介のほとばしる思いの丈を脳内再生。さらに、諸岡の返答まで再現した後、口元に微笑をたたえた。

   男性同士の恋愛模様を妄想しているように見える、予想外の展開に、ネット上では放送中から大盛り上がりだ。ツイッター上にも「『ふ久』が『腐久』になった日」「ふ久は勉強ではなくBLの薄い本を書いていたのかもw」「科学者にして妄想家。最強じゃないか」「ああああちょっと今後が楽しみに」「次週予告の『二人の青春は、私の青春やから!』という感動的なふ久の台詞が、今日ので一気に腐ってきますね!」といった声が次々と投稿された。

   直後に放送される「あさイチ」では、始まる際に「ごちそうさん」に触れるのがおなじみだが、この日は井ノ原さんも「ふ久が何かを感じ取っている気がしないでもないですね」と含みのある感想を述べる。すると有働さんも「色々深読みをしすぎる解説をされると本線で見られなくなるので」と苦笑した。実際にどのような意味が込められていたのかは今のところ不明だが、演じている松浦雅さんも2月3日の公式ブログで「朝からふ久が腐った妄想をしている」と書いており、自らふ久を「腐女子」認定している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中