日本コロムビア、IT企業の子会社に TOB受け入れ

印刷

   大手レコード会社「日本コロムビア」は2014年2月3日、着メロ配信などを手がけるIT企業「フェイス」(京都市)の子会社になることを明らかにした。

   筆頭株主であるフェイスの株式公開買い付け(TOB)を受け入れ、フェイスは出資比率を32.91%から60.00%に引き上げる。日本コロムビアは、歌手の氷川きよしさんや松山千春さんなどが所属している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中