「まざり~な」ツアーに参加した被災・避難者【福島・いわき発】

印刷

   <まちの交流サロン「まざり~な」>の第1回ツアーがおととい(1月28日)、NPO法人シャプラニールの主催で行われた。津波で家を流された平・豊間の人や、原発事故でいわきに避難している双葉郡の人など、10人が参加した。

news_p195997_1.JPG

   平・常磐地区には「まざり~な」が9カ所ある。そのうち、平堂ノ前の大平テーラー(仕立て業)、同・久保町の山田屋醸造(味噌・醤油醸造・販売店)、同・中神谷のわが家(地域文庫・米販売店)(=写真)の3カ所をマイクロバスで巡った。


   いわきでは、交流スペース「ぶらっと」(シャプラニール運営)や「小名浜地区交流サロン」(ザ・ピープル運営)、「なこそ交流スペース」(なこそ復興プロジェクト運営)、「ぱお広場」(いわき自立センター運営)などが、被災・避難者と市民を結ぶ拠点になっている。


   それら団体に個人が加わったNPO法人「みんぷく」(みんなが復興の主役!=正式には3・11を支援するいわき連絡協議会)が、さらにきめ細かく被災・避難者に対応しようと「まざり~な」活動を始めた。


   応急仮設住宅に入居している避難者と違って、借り上げ住宅(アパート・戸建て住宅)に住む人は、近くに知り合いがおらず、情報も入りにくい。そういった人たちが近所の店に立ち寄ったついでに、おしゃべりや情報交換、あるいはちょっとした相談ができれば――というのが狙いだ。


   ツアーの予定時間帯に双葉郡の女性が偶然、立ち寄った。店を訪れるのは初めてだった。その人と入れ違いにツアーの一行が現れた。女性の話では、「みんぷく」発行の合同情報紙「一歩一報(いっぽいっぽ)」で、「まざり~な」の存在を知った。わが家の前の通りを車で行き来しているのだが、今までは立ち寄る時間がなかったのだという。


   震災当日の夜、わが家に知人がやって来た。四倉の津波被災者を車で近くの公民館へ避難させた、ということだった。毛布を貸した。それがわが家の「まざり~な」の始まりだった。翌日になると、双葉郡の原発避難者が現れた。


   やがて、何度も訪ねてくる人が増えた。常連さんのなかには水戸へ、いわき市内の別の場所へと、すまいを確保して引っ越した人がいる。近々、東京へ移る予定の人もいる。一方で、「まざり~な」の存在を知って新たに訪ねてくる人がいる。


   「まざり~な」は、自然と文明の災禍に翻弄された人たちが瞬間、ホッとして過ごせる人生の交差点であればいい。最初のツアーを経験してそんな感慨が生まれた。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中