ソニー、不振のパソコン事業売却へ

印刷

   ソニーが「VAIO」ブランドのパソコン事業を、投資ファンド・日本産業パートナーズへの売却を検討していると2014年2月5日、新聞各紙が報じた。同社の電機事業は不振が続いている。

   報道を受けてソニーは「当社の発表によるものではありません。これまでお知らせしている通り、当社はPC事業についてさまざまな選択肢を検討していますが、これ以上のコメントは差し控えます」と発表した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中