「日本の国柄は国民が天皇のために命を捧げる国体」 NHK経営委員・長谷川氏が三島事件を称賛

印刷

   朝日新聞社で右翼団体幹部が起こした拳銃自殺事件を称賛したことが問題化したNHK経営委員で埼玉大名誉教授の長谷川三千子氏(67)が、1970年の「三島事件」についても称賛していたことがわかった。

   長谷川氏は、三島由紀夫が「日本の国柄というものは、本来、国民が天皇のために命を捧げる、そういう国体」であることを自らの行動(割腹自殺)で示したと主張。憲法の3原則のひとつである国民主権を否定している上に事件を容認しているともとれ、波紋を広げそうだ。

昭和天皇の「聖断」で「戦後の日本人の命がつながっている」

   三島事件は1970年11月25日に起き、政治団体「楯の会」メンバー5人が自衛隊の市ヶ谷駐屯地の総監室に立てこもり、メンバーのうち三島と森田必勝が割腹自殺したというもの。三島は自殺直前、自衛隊員に対して演説し、憲法改正に向けたクーデターを呼びかけていた。

   長谷川氏の発言は、2013年11月25日に国学院大学で開かれた追悼集会「三島由紀夫・森田必勝両烈士43年祭」の挨拶で出た。

   長谷川氏は、鈴木貫太郎内閣が1945年のポツダム宣言の受諾にあたって昭和天皇の「聖断」を仰いだ末に終戦が決まった経緯について、

「ポツダム宣言の受諾という出来事は、当時の国際社会を客観的に振り返ってみると、これは99%天皇陛下が連合国の手にかかって処刑されるという、そういうご決断を天皇陛下はなさった。これが1%の可能性で天皇陛下の処刑ということが起こらなかったということ自体も非常に奇跡的なことだが、この天皇陛下の我が身を捨てるというご決断で、我々戦後の日本人の命というものがつながっている」

と解説。その上で、ポツダム宣言受諾と三島事件との関連について持論を展開。その中で、「日本の国柄というものは、本来、国民が天皇のために命を捧げる、そういう国体」という発言が出た。

人事案は発言の1か月前に提示されていた

「普通は、8月15日と11月25日というものは、それぞれ全く別の時間という風に考えられている。しかし、考えてみると、これは本当に三島由紀夫さんが昭和45年11月25日に自らの行動で示した『日本の国柄というものは、本来、国民が天皇のために命を捧げる、そういう国体である』(ということ)。そして、それと表裏一体になって天皇陛下が『身はいかに なるとも いくさとどめけり ただたふれゆく民をおもひて』と仰って、戦争終結を決断する。それが一体になっているのが日本の国体というものではないか」

   昭和天皇の「聖断」と三島事件を一体として考えるべきだという発言だが、この意図については、

「このことは言ってみれば、ただ頭で理解すべきものではなくて、まさに、こころの中の先生が遺書に書いたように、自らの心臓を破ってその血を相手の顔に浴びせかけるという、こういう形でもって初めて世代から世代へと伝わる。そういう非常に難しい、しかし大切な事柄だったのではないか」

と述べた。

   安倍内閣が長谷川氏を含むNHK経営委員の人事案を国会に提示したのは発言のちょうど1か月前の10月25日で、実際に委員に就任したのは12月11日だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中