聖母マリアの再来か!? 出産した修道女が「処女懐胎」主張

印刷

   「聖母マリア」といえばイエス・キリストの母だが、新約聖書では処女のまま、聖霊により身ごもったとされている。

   神話の世界の話と思われてきたが、何とこの2014年、聖母マリアが再来した!?と話題だ。このほど出産した修道女が、「妊娠に気付かなかった、性行為していない」と主張しているらしい。

出産した子は「神様からの贈り物」

出産した修道女が話題(画像はイメージ)
出産した修道女が話題(画像はイメージ)

   今回話題になっているのは、ロクサーナ・ロドリゲスさんという、イタリアの修道院につとめる33歳の修道女だ。

   英紙「デイリー・テレグラフ」など複数の海外メディアの報道によると、ロクサーナさんは2014年1月14日の夜遅く(現地時間)、激しい腹痛を訴え、病院に搬送された。数時間後、約4000グラムの元気な男の子を出産。現在のローマ法王の名前にちなんで、フランシスコと命名した。男の子の父親は、ロクサーナさんの出身地のエルサルバドルにいるとみられる。

   おめでたいことだが、ロクサーナさんは修道女の身だ。12年に修道女になった際、「清貧」と「従順」、そして「純潔」を守ると誓いを立てていたことから、彼女の出産についてカトリック教会からは批判の声が上がっている。

   一方でロクサーナさんは、胃の感染症と膀胱炎を患っていて、お腹がふくらんでいたのは病気のせいだと思い込み、本当に妊娠に気付かなかった、性行為もしていないと主張しているという。

   ロクサーナさんは出産した男の子を「神様からの贈り物」と言い、自分で育てていくことを決めたとのことだ。

「キリスト2世誕生だ~」「避妊しろよ」ネットユーザーは冷ややか

   ロクサーナさんの主張が本当ならば、「処女懐胎」でイエス・キリストを出産した聖母マリアの再来ということになるが、海外のネットユーザーはこの一件に対し冷ややかな反応だ。

   ニュースのコメント欄などには、「おぉ~キリスト2世の誕生だ~」「0.9999%くらいは本当の可能性もあるかもね」「修道女も実はみんなよろしくやってるんだよ。ただ彼女は避妊すべきだったな」などと書き込まれ、茶化されている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中