「浅田真央 やっぱり失敗しそう」と実況中継 KBSアナに批判殺到、韓国大手紙が異例の報道

印刷

   日本選手に対して敵意を示すことも多い韓国メディアが、珍しく日本選手を揶揄した韓国人アナウンサーに矛先を向けている。

   ソチ五輪フィギュアスケート団体の女子ショートプログラム(SP)で、浅田真央選手がトリプルアクセル(3回転半)に臨もうとしたときに「やっぱり失敗しそう」と実況したことについて「相手選手に対して過度に軽蔑的だ」と批判が殺到。大手紙がそろってその内容を伝えている。

「私が思うに、まだ浅田はキム・ヨナの相手にならない」

東亜日報は浅田選手が転ぶ写真付きでKBSアナへの批判を伝えた
東亜日報は浅田選手が転ぶ写真付きでKBSアナへの批判を伝えた

   フィギュア団体の女子SPは2014年2月9日行われ、浅田選手はトリプルアクセルで転倒。180度以上回転が足らないと判定された。その結果、浅田選手はユリア・リプニツカヤ選手(ロシア)、カロリナ・コストナー選手(イタリア)に次いで3位だった。この様子を実況していた韓国KBSの趙建軫(チョ・コンジン)アナウンサーに対して批判が集まった。KBSは韓国唯一の公共放送で、日本のNHKに例えられる存在だ。

   演技が始まる前に趙アナは「浅田真央のトリプルアクセルが成功するかがカギ」と解説。演技が始まると、「さあ、トリプルアクセル、やっぱり失敗しそうです」と続けた。さらに、

「全世界のメディアはよく韓国のキム・ヨナと浅田真央の多くを比較するが、私が思うに、まだ浅田はキム・ヨナの相手にならない」
「キム・ヨナのジャンプはそれこそ格が違い、高さ、距離、スピード感において他の追従を許さない」

とキム・ヨナ選手を一方的に称賛した。

   浅田選手はトリプルアクセルで転倒しており、結果として趙アナの「予言」は的中した形だが、それでも韓国のメディアや視聴者は相当な不快感を抱いたようだ。趙アナは2月7日に行われた団体の男子SP中継でも、中継内容とは関係ない浅田選手について執拗に言及して批判を受けたという経緯がある。そのこともあって、女子SPでの発言に対する批判が大きくなったようだ。

東亜日報「中立性を大きく失った中継」

   東亜日報は、

「中立性を大きく失った中継を継続した」
「KBSは公営放送という点で、趙アナの中継コメントはひどかった」

と論評。中央日報、朝鮮日報、京郷新聞など大手紙も、ネット上で趙アナへの批判が寄せられていることを「『偏向中継』に非難」といった見出しで報じている。

   実際、京郷新聞の記事のコメント欄は、

「分別のない新人アナウンサーと思ったら、何と1959年生まれ。5年で還暦だが、韓国を代表する放送でそのような中継しかできないのか」
「それが愛国だと思う姑息な人間だ」

といった具合で、かなり怒っているようだ。

   ただ、今回のような韓国メディアやネット利用者の反応は、あくまで例外に過ぎない可能性もある。団体の女子SPには韓国は出場しておらず、韓国の視聴者は浅田選手とキム・ヨナ選手を比較して一喜一憂していた訳ではないからだ。両選手は2月19日に行われる個人戦のSPで直接対決する。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中