妻の連れ子9歳男児に「暴力的ゲーム」を強要 28歳男が好んだ「グランド・セフト・オート」の残虐性は

印刷

   2014年1月、妻の連れ子への「強要容疑」で28歳の男が京都府警木津署に逮捕された。暴力的な描写が多いアクションゲームを子供に無理強いした疑いがもたれている。

   男が特にプレーを強要していたのは、「グランド・セフト・オートIV(GTA IV)」というゲームだ。残虐性はいかほどか、実際にプレーして確かめてみた。

男児はストレス性の自律神経障害と診断される

   産経新聞の報道などによると、逮捕容疑は12年11月から13年4月にかけて、再婚相手の妻の連れ子の9歳の男児に対し、銃撃や殺人、血が飛び散るなどの暴力的な描写が多いゲームを無理にやらせたというものだ。

   問題になったゲームは「GTA IV」をはじめ、「メタルギアソリッド4」、「鉄拳タッグトーナメント2」、「喧嘩番長」など。いずれも年齢制限があり、「GTA」は18歳以上のみ、「メタルギア~」は17歳以上、「鉄拳~」は15歳以上、「喧嘩~」は12歳以上が対象となっている。これらを週に2~3回、1回につき2~3時間、自分のすぐ横に座らせて強要していたという。

   ゲームをさせるだけでなく、男は妻がいない時、男児に向かって「あほ」「ぼけ」「死ね」「お前なんかいらない」と暴言を吐き、脅えさせていたそうだ。男児は13年4月から腹痛や頭痛、吐き気などを訴えるようになり、5月にはストレス性の自律神経障害と診断された。

歩行者をひこうが構わずゲームは続く

「GTA III」プレー画面
「GTA III」プレー画面

   18歳以上対象と最も高い年齢制限にもかかわらず、最も9歳男児が強要されていた「GTA」とは、どんな残虐なゲームなのか。記者も「GTA」シリーズをプレーしてみることにした。挑戦したのは、Androidアプリ「GTA III」だ。

   米国の「リバティーシティ」という架空の都市で、護送中に脱走した犯罪者の1人という設定のプレーヤーが、自動車を盗んで移動しながら、到達地点で課されるミッションをこなしていく。ミッションは「俺の女を薬物漬けにした男をバットでぶちのめしてくれ」など犯罪絡みのもので、成功すると報酬がもらえる。

   ゲームでは歩行者をひこうが、対向車にぶつかろうが、電柱をなぎ倒そうが、車がひっくり返る、大破・炎上する、警察に捕まるなどしなければそのまま運転を続けられる。ゲームに慣れない記者は、何人もの人をはねてしまった。ミッションをクリアするだけなら歩行者をひく必要はないが、ネット上では、GTA愛好者による「人をひきまくるのも醍醐味」という書き込みもある。

   人の悲鳴やクラクションの音、車同士がぶつかり合う音もやかましく、ショックを受ける子供も少なくないだろうと感じられた。

   もっとも逮捕された男は「強要はしていない」の一点張り。14年1月28日、処分保留で釈放されたという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中