1月のビール類出荷量、前年比9.5%増 リニューアルなど奏功

印刷

   ビール大手5社の2014年1月のビール類(ビール、発泡酒、新ジャンル)の課税出荷数量は、前年同月比9.5%増の2248万ケース(1ケース大瓶20本換算)と3か月ぶりにプラスとなった。2月13日、アサヒグループホールディングス(HD)、キリンHD、サッポロHD、サントリーHD、オリオンビールが発表した。1月単月としては3年ぶりのプラス。

   商品リニューアルなどが奏功。また、年末年始の連休が9日間と長く、好天にも恵まれたことがプラスに働いた。市場在庫の滞留で出荷ペースが低調だった前年1月の反動もある。

   ビール類全体に占める酒類別の構成比は、ビールが49.9%、発泡酒が14.0%、新ジャンルは36.1%。ビールが前年比10.0%増で2か月連続のプラス。ビールの2ケタ増は20か月ぶり。発泡酒は3.5%増で8か月ぶりのプラス。新ジャンルも11.2%増で2か月連続のプラスとなった。3つのカテゴリーすべてがプラスとなるのは、13年5月以来8か月ぶり。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中