板東英二の復帰にネットで批判渦巻く 手助けした「明石家さんま」にもバッシング

印刷

   タレントの板東英二さん(73)が約1年ぶりに2014年2月15日放送の関西テレビ「さんまのまんま」でテレビ復帰することが決まったと報道された。ネットでは板東さんの復帰が早すぎるうえ、そもそもテレビに出るような人間ではないとして「不愉快だ!」「顔など見たくない」などと批判が渦巻いた。

   それだけでなく、板東さんの復帰を手助けしたのがお笑い芸人の明石家さんまさん(58)だとみられていて、これまでネット上で好感度が高かったさんまさんに対し「カスや!」などといったバッシングが起きてしまった。

芸能界復帰するため頼ったのが親しかった明石家さんま?

   板東さんは12年12月に名古屋国税局から個人事務所に約7500万円の申告漏れがあった、と指摘された。板東さん側は否定しているが、取引先への5000万円の架空外注や貸し付けもあったと報道された。修正申告は済ませたものの13年3月までにTBS系「日立 世界ふしぎ発見!」などのレギュラーや冠番組の全てが降板か打ち切りになった。

   その後は公の場に姿を現すことはなかったが、13年11月10日に釈明会見を開き、経理の担当者が丼勘定をしていたせいだとし、申告漏れの一部は植毛に使ったお金であり、カツラは経費で落ちるため植毛も経費で落ちるものと勘違いをしていた、などと語った。

   芸能界復帰するため頼ったのは、親しかった明石家さんまさんだったとみられている。13年12月24日にはフジテレビ系「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー」に電話出演し、14年1月には吉本興業の所属タレントになった。そして、2月15日放送の「さんまのまんま」でテレビ復帰することがわかった。

   ネットでは板東さんがやったことは悪質な申告漏れだという批判が根強く、「テレビに出すな!不愉快だ」「もういいよ。見たくない」「もし出演していたら、即消す それだけのことだ」といった批判が渦巻くことになったが、その矛先はさんまさんにも向けられ、

「絶対ゆるさん。さんまもな」
「板東英二はクズや!クズの味方をする、さんまはカスや!」

など激しさを増している。

「晩節を汚す生き方になるような気がします」

   今回の板東さんの芸能界復帰を専門家はどう見ているのか。芸能評論家・肥留間正明さんの見方はこうだ。

   まず、芸能人が何らかの罪を犯し出演番組がなくなったり信頼を失ったりなど制裁を受けた後は、芸能人もカネを稼ぎ生きていかなければならないため、「復帰が早すぎる」などと職を奪う権利は誰にもない、というのが基本だという。ただし、板東さんに関しては話が別で、

「これまでそうとう稼いできたでしょうし、年齢的なことでも今回の申告漏れ騒動が芸能界から引退する、その引き時だったと思う」

と厳しい。会見でアイドルさながらに涙を流してみたり、ギャグにもならないカツラの話題で誤魔化してみたり、芸能界の大物タレントに頼り必死で芸能界にしがみ付こうとする姿は哀れで情けないうえ、テレビに出ても一連の騒動をいじられてみっともない姿を晒すのが透けて見える、と推測する。

「あの見苦しい復帰劇に同調できませんし、これまでのファンも応援しにくいでしょう。スッパリと引退をして人生でやり残したことを考えるべきだった。晩節を汚す生き方になるような気がします」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中