東急東横線、元住吉駅で追突事故 慶大は入試開始遅らせる

印刷

   東急東横線の元住吉駅(川崎市中原区)で2014年2月15日0時35分ごろ、下りホームに停車中の電車に後続の電車が追突し、脱線する事故があった。後続列車が停車中の電車に気づいてブレーキをかけたが、止まりきれなかったとみられる。この事故で19人が軽傷を負った。東横線渋谷駅~菊名駅、線路が隣接する目黒線武蔵小杉駅~日吉駅で運転を見合わせており、15日正午時点で復旧の見通しは立っていない。

   2月15日朝から東急線日吉駅(横浜市港北区)に隣接する慶應義塾大学日吉キャンパス(同)で同大文学部の入学試験が予定されていたが、慶大は試験開始時刻を13時に遅らせる措置をとった。日吉駅に乗り入れている横浜市営地下鉄グリーンラインを利用して来場することを呼びかけている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中