実在しない疑いの人物に「知事賞」 全日展会長が引責辞任

印刷

   文化庁が後援する書道の公募展「全日展」で、都道府県の名を冠した「知事賞」が、実在しない疑いのある人物に贈られていた問題で、主催者の「全日展書法会」会長の書家・龍源齋大峰さんが責任を取って会長を辞任したことが、2014年2月18日までにわかった。

   「知事賞」は、各都道府県から応募された優れた作品に贈られる賞だが、NHKの報道などによると、13年11月に開かれた全日展では、少なくとも12の県について、受賞者が賞の贈呈式に現れず、賞状を郵送しても宛先不明で届かなかったという。全日展書法会は該当の県に賞状を返送した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中