南極観測船「しらせ」が座礁

印刷

   文部科学省は2014年2月17日、南極観測船「しらせ」が南極の昭和基地から帰還中に座礁したと発表した。乗組員にけがはない。しらせは16日にロシアのマラジョージナヤ基地沖700メートルで暗礁に乗り上げた。二重構造になっている船底の内側に損傷はなく、燃料漏れもない。今後、満潮を利用して離脱を試みる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中