現役ジャンパー船木和喜に「現役復帰したら」 宮根トンデモ失言、謝罪もなく非難噴出

印刷

   船木和喜(ふなき・かずよし)さんといえば、1998年の長野五輪で、個人・団体で計2つの金メダルと1つの銀メダルを獲得した、日本を代表するスキージャンプ選手だ。38歳の今も現役で活躍していて、2018年開催の平昌五輪出場を目指している。

   そんな船木選手に、宮根誠司アナウンサー(50)が「トンデモ失言」をしてしまった。その後の対応も悪く、視聴者からは非難の嵐だ。

「平昌目指すって言いはったら?」「それはもう目指してますよ」

   2014年2月18日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)では、ソチ五輪のノルディックスキー・ジャンプ個人ラージヒルで銀、団体ラージヒルで銅メダルを獲得した葛西紀明選手(41)を大々的に取り上げた。

   ソチからは、元スキージャンプ選手で解説者の原田雅彦さん(45)、そして北海道・札幌市からは船木選手が中継で出演、葛西選手や日本チームについて解説した。

   特集の終盤、宮根さんから「船木さん、葛西さんは平昌にも行くとおっしゃってますが、どうでしょう?」と聞かれ、船木選手は「僕も行きたいです!」とコメントした。これを受けて宮根さんは「現役復帰したらどうですか?船木さん。41歳の葛西さんができるなら船木さん行けるんちゃいます?」と言ったのだ。

   スタジオからは戸惑いの声が漏れ、船木選手は「いや、僕まだ、あのー、現役ですから」と苦笑。宮根さんはたたみかけるように「オリンピック目指すって言いはったら?平昌行く、言うて」と言い、船木選手が「はい。それはもう、目指してますよ」と返した。

   現役の選手に「現役復帰したら」と勧める、失礼に思える発言をしてしまった宮根さんだが、意に介していない様子で「あ、ほんならもうレジェンド2人で(平昌)行きましょうよ。原田さんも行く?」とふざけた。船木選手も「はい。原田さんも行きましょう!」と乗っかり、原田さんは「いやいや…私はもうダメです」と笑いながら断っていた。

コロッケやパンを売りながら競技生活を続けている

   宮根さんの「失言」の瞬間、ネット上では「現役だぞばか」「ミヤネ・・・無知過ぎる」「失礼なやつだなぁ」など批判の書き込みが相次いだ。その後宮根さんが謝りもせずふざけて話を切り替えたことも視聴者の怒りに火をつけたようで、「勘違いしたのに訂正しないし認めないし開き直って誤魔化してる。。。。」「うやむやにして話ずらしてミヤネ最低だった」「なぜ素直に謝れないんだ宮根?」といった声が上がっている。

   船木選手は長野五輪後、1999年に「F.I.T(フィット)」という会社を立ち上げ、クラブチームとしてスキージャンプ選手の管理、育成を行い、自身も選手として所属している。

   2008年には総合食品販売会社「えにし」を設立し、各地の物産展などで餃子やコロッケ、パンなどを販売。自らも売り子として店頭に立ち、得た利益でスキージャンプ少年団の活動を支えている。選手として、また未来のスキージャンプメダリストを育てるために、精力的に活動を続けている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中