明治ヨーグルトの砂糖添付廃止に様々な声 「邪魔だった」「ショック」「コスト削減では」…

印刷

   朝食などにヨーグルトを食べる人は少なくない。ただ、その食べ方は人それぞれ。いまインターネットに、トップブランドの「明治ブルガリアヨーグルト」に付いている「砂糖」がなくなることで、さまざまな声が寄せられている。

   明治は独自の「まろやか丹念発酵」製法によって、よりまろやかなおいしさにリニューアルした「ブルガリアヨーグルト LB81プレーン(450グラム)」を2014年2月24日に発売するのにあわせて、砂糖の添付を終了する。

食べ方の多様化で、重要性「非常に低い」

「明治ブルガリアヨーグルト」に付いていた砂糖がなくなる!(画像は、「明治ブルガリアヨーグルト倶楽部」のホームページ)
「明治ブルガリアヨーグルト」に付いていた砂糖がなくなる!(画像は、「明治ブルガリアヨーグルト倶楽部」のホームページ)

   明治は砂糖の添付をやめる理由について、「近年、プレーンヨーグルトの食べ方は多様化しており、お客様はさまざまな食べ方で楽しまれています。当社で調査したところ、多くのお客様にとって、おいしさや価格、健康効果などと比較し、添付の砂糖の重要性は非常に低いことがわかりました」と説明している。

   そこで同社では、「よりまろやかさや、なめらかさを追求した」商品にリニューアル。甘さがほしい場合には、「ふだん家庭で使っているお砂糖や、フルーツやジャム、蜂蜜を加えたりして味わっていただきたい」と話している。

   そもそも、添付されている砂糖は「フロストシュガー」といって、グラニュー糖を粉砕したものに水を加えて裏ごしし、その後顆粒状にしてから乾燥させてつくるというから、ひと手間かかっている。ヨーグルトや冷たい飲み物に混ぜても溶けやすく、コーヒーや紅茶、料理などにも使える。

   明治のQ&Aサイトでは、「ヨーグルトを食べる量だけ器に移し、その都度砂糖を入れ混ぜてお召し上がりください」と、おいしい食べ方をアドバイスしているが、半面、使い切れなくて結果的に捨ててしまうこともあるとみられる。

   現在、明治にはさまざまな問い合わせが相次いでいるが、「件数や内容については控えさせてほしい」としている。砂糖の添付や販売を求める声があるのでは、と聞いたが、「砂糖だけ別売りにすることはありません」という。

   「ヨーグルトのシリーズには飲むヨーグルトやフルーツヨーグルトもあるので、そちらもあわせて楽しんでほしい」と話している。

「納豆のからしより使い道あるのに…」

   とはいえ、インターネットには砂糖がなくなることについて、

「ショックだ」
「プレーンヨーグルトには砂糖しか入れないので。フロストシュガー大好きなのに」

との嘆きの声や、逆に

「蜂蜜入れて食べるから砂糖は使ってないなあ」
「邪魔だったし、いらないんじゃない」

といった声もあり、反応はさまざま。

   なかには、

「付いている砂糖はヨーグルトには入れず貯めておいて、生クリームをホィップするときに使います。すぐ溶けるので便利です。ヨーグルトはグラノラとバナナで食べています。納豆のからしより使い道があるので付けてほしい」

といったコメントもある。

   一方、2014年4月の消費増税を前にしたコスト削減ではないのか、との声も。たとえば、プライベートブランドの納豆は価格を抑えるため、一部で醤油(タレ)やからしを付けないで販売するケースがある。それと同じではないのか、というのだ。

   これに対して、明治は「(砂糖を付けないことは)以前から検討してきたことでもあり、消費増税とは関係ありません」と、否定している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中