「PS4」日本ではどこまで売れるのか 海外の販売数500万台突破と絶好調だが

印刷

   ソニー・コンピュータエンタテインメントの新型ゲーム機「プレイステーション4」が欧米での発売から遅れること約3か月、いよいよ日本でも2014年2月22日、発売される。

   ネット接続によるソーシャル機能などを強化したことなどが受け、海外では好調に売り上げを伸ばしているが、日本市場ではどうなるのか。

世界では早くも目標販売台数を突破

プレイステーション4
プレイステーション4

   約7年ぶりの新型機となるPS4は、ネット接続によるソーシャル機能を強化したのが特徴だ。Ustreamやニコニコ生放送などを使ってゲームのプレイ画面リアルタイム配信できるほか、コントローラの「SHAREボタン」でスクリーンショットをFacebookやTwitterに投稿する新機能も搭載した。

   欧米など56か国・地域では2013年11月から順次販売を始め、累計実売台数は14年2月8日時点で530万台を突破している。3月末までに500万台と設定した当初の目標を前倒しで達成した。2014年2月22日の日本発売前から目標数値を早々と超えており好調な発進と言える。2006年11月に投入したPS3の初年度販売台数は355万台だった。

   日本発売が他国より遅れることが発表された際は、

「いくらなんでも遅すぎる」「日本軽視もここまで来たら論外」「遅くても12月だと思ってましたが、まさか2月まで待たされるって・・・」

   などのコメントでプレイステーション公式ブログが「炎上」したこともあったが、それだけ期待が高いことの裏返しともいえる。

   東京・銀座ソニービルで行われる発売記念イベントの整理券を目当てに2日前から行列ができ、報道によると朝11時の配布開始時には約50人が集まった。

   ツイッターでも盛り上がっていて、

「ついに明日PS4発売だー 開店時間前に店行こー」
「明日PS4発売か。新ハードが出る度に心踊るのは子供の時から変わらないな」
「どうしよう。とてもPS4が欲しい。これはもう、買うしかないな」

と期待が高まる声がたくさん出ている。

   プレイステーション公式ツイッターアカウントのカウントダウンイベント中継の告知は、約5000回リツイートされた。

懸念されているのはソフトの不足

   期待が高まる一方で、提供コンテンツが充実するまでは様子見という人も少なくない。ツイッターでは、「まだ買わんよ、欲しいソフト少ないから」「気になってるけどまだ出るソフト少ないからいいかな」「ソフト充実するまでしばらくかかりそうだね」といった書き込みが出ている。PS4と同時発売のソフトに「龍が如く 維新!」といった人気シリーズが出るが、その後の大型タイトル発売までは数か月あいてしまい、発売日未定となっているソフトも多い。

   日本での発売を遅らせた理由のひとつとして河野弘社長が、本体と同時に発売する国内メーカーのソフトを揃えるためと説明していたため、不満も収まっていない。

   また、旧ハードとの互換性が断ち切られたことに不満の声もある。PS、PS2、PS3、PS VitaのゲームディスクはいずれもPS4では使用できない。「PS4欲しいけどPS3のソフトとトルネの互換性がなぁ?…」というツイートもされている。興味を持ちつつも上記の理由で購入に踏み切れない人がどう動くかで、売れ行きが左右されそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中