クロアチア発の「奇抜デザイン」全世界かけめぐる ジョブズ氏の記念碑?に大ブーイング

印刷

   アップル創業者の故・スティーブ・ジョブズ氏の記念碑だとされる写真がクロアチアのニュースサイトに掲載され、その奇抜さに世界中のネット利用者が驚いている。

   コンテストに入賞し、アップル本社の入り口に飾られるとの触れ込みだが、現時点でアップルからはそのような発表はなく、奇抜な画像が一人歩きしている状態だ。

文字や数字を柱に密着させたジョブズ氏の「磁力」表現

ジョブズ氏の記念碑だとしてクロアチアのニュースサイト「ネットクラシア」(Netokracija)に掲載された写真。米国ではかなり不評のようだ
ジョブズ氏の記念碑だとしてクロアチアのニュースサイト「ネットクラシア」(Netokracija)に掲載された写真。米国ではかなり不評のようだ

   この記念碑の存在は、クロアチアのIT系ニュースサイト「ネットクラシア」(Netokracija)が、ジョブズ氏が生きていれば59回目の誕生日にあたる2014年2月24日に写真つきで伝えた。記念碑は彫刻家のドラガン・ラデノビッチ氏が製作し、同日にセルビアの首都、ベオグラードで公開されたという。記念碑は、柱のようなもの上にジョブズ氏の胸像がついており、柱にはキリル文字と数字の「0」「1」がついている。「0」と「1」は二進数を表しており、ジョブズ氏の業績をたたえる狙いがあるようだ。文字や数字を柱に密着させることで、生前のジョブズ氏が持っていた「磁力」を表現した。

   このデザインは世界中から1万点以上寄せられた応募作品の中から選ばれたとされる。このクロアチアのニュースサイトによると、ラデノビッチ氏がスケッチと写真をアップル本社に送ったところ、アップルの主要製品をデザインしたことで有名なジョナサン・アイブ氏から「興味がある」と電話があったという。他の応募作品は、もっとはっきりとしたデザインものが多かったが、アップル側はラデノビッチ氏の作品の「不完全さ」を評価したという。

実物が完成すると3~5メートルの高さに

   ニュースサイトに写真が載ったのは縮小モデルで、まもなくアップル本社があるカリフォルニア州クパチーノに送られる。本社の承認後、実際の記念碑製作に取りかかる予定だ。完成すると3~5メートルの高さになる見通しだという。

   アップル社のウェブサイトを見る限りでは、ラデノビッチ氏の作品が入賞したことや、コンテストの作品が募集されたことは確認できない。それでも、奇抜な記念碑の写真は次々に米国のアップル専門のニュースサイトに転載され、コメント欄には

「最悪」
「素人から見ても、これはひどい」

と不評の嵐だ。中には、わざわざ「ノーコメント」と書き込む人もいた。

ジョブズ氏の記念碑、どう思う?
生前の業績をうまく表現している。良いデザイン
意味不明。気持ち悪い
何とも思わない
そもそも「ガセネタ」だと思う
そのほか
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中