三重の少女殺害、容疑者少年の不可解な感覚 所持金6000円、本当にカネ目当てだったのか

印刷

   三重の少女殺害事件で、容疑者の少年(18)が逮捕直前まで素知らぬ顔でツイートしていたことが、ネット上で話題になっている。金目当てというが、その供述内容にも疑問が出ているようだ。

   三重県朝日町で中学3年の女子生徒(15)が殺害された事件は、2013年8月の発生から半年が経って、ようやく容疑者逮捕にまでこぎ着けた。

事件と無関係を装うためだった?

   強盗殺人などの疑いで逮捕された地元の県立高校3年の少年(18)は、その間、普段通りに学校に通い、逮捕前日には卒業式にも出席していた。

   報道によると、遺体が発見された日は、三重県警の捜査員が少年の自宅を聞き込みに訪れていた。しかし、少年は、女子生徒と同様に、友人同士で花火を見に行っていたとしながらも、殺害されたとみられる時間は「家にいた」とウソをついていたという。

   さらに、少年はこの日、まるで他人事のように事件をツイートしていた。

「ちょ、え、めっちゃやばいやん 地元の朝日町で女子中学生の死体が見つかったって… 四日市の女子中学生らしい… 手の震え止まらん」「THE・平和の町やったのに(T-T) 気持ちの整理つかんわ…」

   少年は友人から冗談で犯人と言われると、「なんでやねん!!!」と切り返していた。いつもツイートは少なめだったが、この日は10回以上もつぶやいていた。その意図についてははっきりしないが、事件と無関係を装うためではないかとも報じられている。

   高校では、少年は、成績もよく、優しいと評判だった。中学時代は野球をやるなどスポーツが好きで、卒業後の4月から自動車販売会社で整備士として働く予定になっていた。こうした普段の生活ぶりから、クラスメートは、少年が容疑者と伝えられると、信じられないと口々に驚いていたそうだ。

カネ目当てならなぜ中学生を狙ったのか

   容疑者の少年は、最近は自動車学校に通っていたらしく、逮捕直前まで、その様子などを折に触れて楽しそうにツイートしていた。

   逮捕の日も、朝から父親とショッピングセンターに出かけていたという。三重県警の捜査員から任意同行を求められた後も、容疑について当初は頑なに否定していたとの報道もあった。

   決め手になったのは、女子生徒の遺留品に着いていた指紋だったらしい。また、女子生徒が最後に立ち寄って友人と別れたスーパーの防犯カメラに、少年とみられる人物の姿も映っていたと報じられている。

   犯行の動機については、女子生徒と面識はなく、「金目当てだった」と供述しているというが、それならなぜ中学生を狙ったのかと疑問が出ている。奪った額も6000円ほどだった。

   遺体は下着以外に身に着けていなかったため、ネット上では、いろいろ憶測も出ている。

   この点について、特別捜査本部のある四日市北署に取材すると、「コメントしていません」と副署長が答えた。少年については不可解な部分が多く、真相の解明にはまだ時間がかかりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中