AKB48小学生メンバーと握手しにくる人は凄い 「好きになったのがたまたま小学生」とファンの一部が反論

印刷

   アイドルグループ「AKB48」メンバーの岩佐美咲さん(19)がラジオ番組で語った一言がファンの間で波紋を広げている。新たに加入したメンバーの中に小学生がいることに驚いた岩佐さんが、「小6の女の子に握手しにくる人がいると思うと凄いね」などと言い放ったからだ。

   岩佐さん本人はどんな気持ちで言ったのかはわからないが、ファンの中にはロリコン扱いされた、とし「たまたま好きになったのが小学生」と怒っている人もいる。岩佐さんはSNSグーグルプラスで「そんな感じで言ったつもりない」などと弁明した。

ランドセルを背負って通学しケータイはキッズケータイ

発言が波紋(岩佐美咲さん、11年12月撮影)
発言が波紋(岩佐美咲さん、11年12月撮影)

   岩佐さんが出演したのは2014年3月1日未明放送の「AKB48のオールナイトニッポン」。この日は宮崎美穂さん(20)と倉持明日香さん(24)と3 人で進行し、昨年11月にドラフト会議でチームKがドラフトで獲得した後藤萌咲さん(12)と下口ひななさん(12)の話題になった。

   この小学6年生の2人は14年2月に東京・秋葉原で劇場デビューを果たし、チームKメンバーとしてスタートを切った。2月24日にはAKBグループ内での大人事異動「大組閣祭り」があり、二人はチームKに残り、多くのメンバーが他のチームに移動する事態になった。ラジオに出演した宮崎さんと倉持さんはもとはチームKで、倉持さんはキャプテンとしてチームBに移籍が決まり、宮崎さんは残留、岩佐さんは新たにチームKに加入することが発表された。

   宮崎さんと倉持さんは自分たちが大好きな後藤さん、下口さんをよろしく頼むと岩佐さんにお願いした。とてもナイスな子たちであり、チームのメンバーがバラバラになってしまうのは辛いとすごく泣いていた、などと打ち明けると岩佐さんは「若いでしょ!?」と質問。まだ小学6年生だと説明したところ岩佐さんは、

「キャー!!!!なんてこったい」

と絶叫し、

「小6の子とかにさ、握手しにくる人がいると思ったら、凄いね。その、別に、凄いねって思っただけだよ」

などと語った。宮崎さんと倉持さんは岩佐さんに、この二人はまだランドセルを背負って通学しているとか、ケータイはキッズケータイを使っているなどといった情報を伝えていた。

「正論だから炎上は気にするな」とのコメントが多い

   放送はメンバー紹介のようなたわいのない会話だったのだが、自分がロリコンだと勘違いされてしまう、とか、小学生を狙って握手会に行くわけではない、など一部のAKBファンが反応してしまったようだ。ネットには、

「凄いね、本当は・・・・・・・・・・キモいねwって言おうとしてたよねw」
「小学生が好きなんじゃなくて好きになった子が小学生だっただけだから」
「小学生に握手会させる奴が悪い」

などといった意見が出ている。こうした騒ぎに岩佐さんは3月1日付けのSNSグーグルプラスで、

「こんにちわ。そんな感じで言ったつもりなかったんだけどな・・・笑」

と弁明した。このグーグルプラスのコメント欄には、

「判らんでもないが・・・。父親目線で行くんだろう・・・と信じたいw」
「私は、なこちゃん、みくちゃんみたいな小学生と握手している人です。キモくて、すいませんwJSは、サイコーです!」
「細かい事をいちいち気にしてネットに書き込む人もいれば、私みたいにいい年(41歳)してHKTのめるみおと握手してる自分を笑い飛ばせたりする人もいます」

などといった応援コメントが付いていて、「炎上」など気にするなと励ましている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中