スマホ用半導体の共同開発断念 「日の丸半導体」の凋落ぶりを象徴

印刷

   富士通、NTTドコモ、NECがスマートフォン用半導体の共同開発を打ち切ることを決めた。資金難に直面し、現状の開発力や販売力では世界大手に対抗できないと判断した。かつて半導体開発で世界を主導しながら、激変する市場環境に対応できない「日の丸半導体」の凋落ぶりを象徴しているといえそうだ。

   開発打ち切りに伴い、3社が2012年8月に共同出資して設立したアクセスネットワークテクノロジ(ANT、川崎市)を近く清算する。ANTは資本金1億円で、富士通が62.3%、ドコモが19.9%、NECが17.8%を出資し、携帯端末の無線通信や信号を制御する「ベースバンドチップ」と呼ばれる半導体を開発してきた。

米クアルコムが世界シェアの約4割握る

まもなく清算へ(画像は「アクセスネットワークテクノロジ」公式サイト)
まもなく清算へ(画像は「アクセスネットワークテクノロジ」公式サイト)

   ベースバンドチップは携帯電話の「頭脳」とも呼ばれており、端末メーカーのスマホ開発を左右するとされる。この半導体の基礎技術を握る米クアルコムが世界シェアの約4割を握り、端末メーカーに対して大きな影響力を持つ。

   そのクアルコムに対抗しようと、ドコモなど3社が韓国サムスン電子と共同開発を計画したが、「技術供与などの条件が折り合わずに破談」(関係者)。結局、日本勢だけでANTを設立し、開発を進めてきた経緯がある。

   しかし、サムスンの不参加が響き、研究開発費の調達も十分ではなかった。加えて中国などで人気の低価格スマホ向けに強い台湾のメディアテックなどが急成長。開発競争でANTは海外勢の後塵を拝し、販売も不調だったため、海外のライバルと伍していくのは難しいとの判断から3社はANTの清算を決めた。これを受け、技術者ら約90人の従業員は富士通など出身会社にそれぞれ戻ることになるという。

ドコモのiPhone発売が国内スマホメーカーへ大打撃

   今回の共同開発断念の背景には、国内外のスマホ市場における国内端末メーカーの存在感の低さがある。

   スマホが台頭するまでドコモが携帯電話開発に大きな影響力を持ち、NECなどのメーカーは「ドコモファミリー」と呼ばれ、両者は密接な関係を築いてきた。しかし、スマホ普及を見越せなかったドコモファミリーはスマホ事業に乗り遅れ、先行する米アップルやサムスン、中国の新興メーカーに周回遅れの差を付けられ、対抗できるだけの力をつけられなかった。

   ファミリーの「ドン」であるはずドコモもauやソフトバンクへの顧客流出が続く中、13年秋にはiPhone発売に乗り出した。これが国内スマホメーカーへの大きな打撃になった。NECがスマホ事業から撤退したほか、富士通にも以前のような勢いはなくなった。こうなると、3社にとって半導体開発そのものの意味が薄れ、そうなれば資金も集まらなくなる――というスパイラルに陥り、撤退も時間の問題と見られていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中