佐村河内氏「そっくりさん」探しがネットで過熱 おすぎ、カンニング竹山、猪瀬元知事らが「ヤバイ」

印刷

   別人作曲問題の佐村河内守さん(50)が2014年3月7日に記者会見を開いて以降、インターネット上では「そっくりさん」探しが過熱している。

   カンニング竹山さん、おすぎさんなど著名人の名前がいくつもあがり、コラ画像まで登場するなど、すっかり「ネタ」と化してしまっているようだ。

「おすぎが記者会見してるかと思った」

   会見に姿を現した佐村河内さんは、まるで「別人」だった。トレードマークのサングラスは着けず、髪型は長髪をばっさり切った七三分け、ひげもすべて剃っていた。顔も以前より心持ちふっくらとしていて、以前のアーティスト然とした姿とはかなり異なっていた。

   想定外の変貌ぶりに、インターネット上は神妙な面持ちで話し続ける佐村河内氏をよそに大盛り上がりだった。「えっ誰?佐村河内守?別人じゃないの?ゴーストライターじゃないの?」「普通のオッサンじゃねぇかw」といった声があがり、ニコニコ生放送の画面は、一時驚きのコメントで埋め尽くされた。

   そして現在でも注目を集めているのが、新生・佐村河内氏の「そっくりさん」だ。これまでに名前のあがった著名人は10人以上にも及ぶ。

   かなり早い段階から言われていたのが、タレントのおすぎさん(69)だ。「もう佐村河内氏が『おすぎ』にしか見えない…」「最初おすぎが記者会見してるかと思った」といった意見があがった。

自薦のカンニング竹山「ようやく俺もきたな」

   ほかに「ノミネート」されたのは、俳優の西田敏行さん(66)、プロレスラーの大仁田厚さん(56)、テクノユニット「電気グルーヴ」のピエール瀧さん(46)、声優の三ツ矢雄二さん(59)、評論家の宮崎哲弥さん(51)、猪瀬直樹元都知事(67)、「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵さん(53)、「我が家」の杉山裕之さん(36)ら。

   海外からは先月亡くなったばかりの俳優フィリップ・シーモア・ホフマンさん(満46歳没)、人気映画「ロード・オブ・ザ・リング」でサム役を演じたショーン・アスティンさん(43)の名前もあった。そっくりさんの写真にヒゲやサングラスを書き入れたり、何人ものそっくりさんを並べたりした画像も話題になっている。

   なお、名前のあがった一人である、お笑いタレントのカンニング竹山さん(42)は7日にツイッター上で自ら指摘していた。顔写真とともに「ヤバイ、ちょっと似てないか。。。」とつぶやき、話題になった。10日にはTBSラジオ「たまむすび」内で反響に触れ「ようやく俺もきたな」などと興奮気味に語っていた。

   ちなみにサングラス姿の頃は、2013年の紅白歌合戦出場でも話題になった音楽ユニット「リンクトホライズン」のRevoさんや、イラストレーターで漫画家のみうらじゅんさんが注目を集めた。みうらさんは10日、新番組「笑う洋楽展」(NHK BSプレミアム)の記者会見で、間違われたことがあると告白。その上で「あの人はオレの完璧なコピー。僕のアイコンをとられちゃった」などと語ったという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中