損保大手、「MS&AD」が社長交代 「多頭政治」でうまくいく?

印刷

   国内損保最大手、MS&ADインシュアランスホールディングス(HD)は、柄沢康喜取締役(63)が2014年6月に社長に昇格するトップ人事行う。2月28日発表した。

   ただし、新設する会長ポストに鈴木久仁取締役(63)が就任し、江頭敏明社長(65)は代表権のある取締役として残るという、やや複雑な構図で、合併会社ならではの工夫とも言えるが、組織の一体感のなさも垣間見える人事だ。トップ人事は6月の株主総会後の取締役会で正式決定する。

三井、住友のたすき掛けトップ人事にブレーキ

「二人三脚」うまくいくか(画像は「MS&ADホールディングス」トップページ)
「二人三脚」うまくいくか(画像は「MS&ADホールディングス」トップページ)

   今回のミソは、柄沢新社長と鈴木新会長がそれぞれ傘下の主要損保子会社の現職社長である点だ。柄沢氏は三井住友海上、鈴木氏はあいおいニッセイ同和の社長であり、この社長職には6月以降も留任する。主要子会社のツートップが親会社の新社長、新会長に同時に就任し、「二人三脚でやってもらう」(江頭現社長)というのである。損保業界では「柄沢氏のMS&ADの社長就任は既定路線と見られていたが、大株主のトヨタ自動車なども巻き込んで、あいおい側が猛烈に巻き返し会長ポストをもぎとった」との解説が聞かれる。

   江頭氏は三井住友海上のうちでも旧三井、柄沢氏は旧住友に属する。単に江頭→柄沢となれば三井、住友のたすき掛けが始まる可能性すらあったわけで、あいおい側は、まずはそこに一定のブレーキをかけたと見られているのだ。

   まれに「社長が2人」という会社もないではないが、その場合は後ろで差配する実質的なトップがいるものだ。今回のケースはその類のオーナー系企業とも違い、二人三脚でリーダーは2人というのだから、金融界には危うさを感じる向きもある。

   みずほ銀行が、昨年発覚した暴力団員らへの融資問題や、過去の2度の大規模システム障害の原因として、「旧3行意識の弊害が残る」ことが挙げられて久しい。損保業界でも、みずほに負けず劣らず、統合前の旧社ベースの派閥抗争の激しさが指摘されるのが、MS&AD。今回のトップ人事でもその一端をさらした格好だ。

「お約束」の握手写真に「あまり意味がない」

   MS&ADは2010年4月、三井住友海上、あいおい(旧大東京火災海上と旧千代田火災の合併社)、ニッセイ同和が経営統合して発足した。損保業界はこれ以外でも再編統合が進んでおり、現在は「3メガ」に集約。自動車保険など国内の損保保険料収入の9割が3メガに集中している状況だ。

   ただ、3メガのうちMS&ADが異質なのは、他の2メガが持ち株会社傘下の主要損保子会社が1社(東京海上ホールディングス)に統合済み、または1社に統合しようとしている(NKSJホールディングス=今年9月予定)のに対し、MS&ADは主要2子会社(三井住友海上、あいおいニッセイ同和)を併存させたままでいこうとしている点。

   みずほの場合も統合前の旧富士、旧一勧、旧興銀の旧3行間の力関係に決定的な違いがなかったことがあだになり、延々と主導権を争う派閥抗争が続いてしまっている。力の拮抗した会社が経営統合した場合、よほど工夫しないと組織の融合が困難なことを、今回のMS&ADのトップ人事も示したと言えそうだ。ただ、みずほの場合は持ち株会社傘下の銀行は昨年7月、合併させて一つにした。その点、MS&ADは一つにする気配すらない。

   2月28日に日銀本店でMS&ADの新旧社長と新会長の3人が記者会見したが、やりとりは低調。聞かれたくない質問が続いたせいか、会見した3人も不機嫌で、代表権を持った取締役に残る江頭氏に「会社を代表するのは誰か」と質問が飛んだが、江頭氏は「会長と社長に決まっているじゃない」とタメ口で言い放つ始末。会見の最後にはお約束の握手の写真撮影も行ったが、3人のうちの1人が「あまり意味がない」とつぶやく場面も。組織融合の難度を象徴する会見だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中