台湾司法機関トップ、震災追悼行事で「台湾は日本と運命共有」

印刷

   東日本大震災の発生から丸3年が経った2014年3月11日、台湾の台北でも追悼行事が行われ、司法機関のトップにあたる頼浩敏(ライ・ハオミン)司法院長が日本語であいさつした。頼氏は東大への留学経験があり、政治学で修士号を得ている。

   現地紙「聯合報」によると、頼氏は「テレビで被災地や被災者の姿を見るたびに心が痛む。もともと人類は、こんなに小さな存在だったのか」と震災を振り返った上で、

「日本国民はあれほど大きな災害に直面しながら秩序を保ち、略奪や暴動を起こさず、政府を信頼し、政府の指揮に従い、互いに励ましあった。このような日本人の道徳観は世界中に深い感銘を与えた。台湾人もよく見習わなければならない」

と日本人を称賛。

「日本と台湾は同じ環太平洋地震帯の上に位置しており、運命を共有している。もっとも親密な盟友でもある。台湾は永遠に日本のそばにあり、永遠に日本を支持する」

と述べた。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中