東日本大震災の語り部【宮城・名取発】

印刷
news_p199093_1.jpg

語り部とは、ある物事を後の代に語り伝える人のことを言います。

ディレクターの伊セ徹です。このVTRの編集を通じ、改めて語り部という仕事の大切さを知りました。

昨年まで家族7人で仮設住宅暮らしをしていた主婦・菊池訓子さん。大地震で故郷がどのように変わってしまったのかを語り部として1年前から活動に参加しています。自らも津波で自宅を流され昨年まで仮設住宅を送っていた彼女が、震災後、語り部という仕事を選んだ理由は?




閖上震災を伝える会

〒981-1213 宮城県名取市閖上1-1-13(閖上まちカフェ内)

受付 FAX:022-765-8378



仙台発ネットテレビ局アリティーヴィー
「とうほく復興カレンダー」

"とうほく復興カレンダー"は、日本そして海外に東北のすばらしさを発信していくサイトです。東北の復興物語をカレンダーに書き加え、前を向いて進む人たち、東北の「これから」を応援します。
■とうほく復興カレンダー http://re-tohoku.jp/
■仙台発ネットテレビ局アリティーヴィー http://www.ari-tv.jp/

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中