「牛すき鍋」580円、牛丼チェーンが熱い戦い 「吉野家」好調で「すき家」「松屋」も参入

印刷

   卓上コンロで提供する「牛すき鍋」が、牛丼チェーンファンの心をとらえている。通常の牛丼(並盛り)の2倍以上の価格ながら、人気は上々。吉野家に続き、すき家や松屋も販売を始めた。

   目新しさに加え、この冬の寒さも追い風となっている模様で、今後も勢いを持続できるか注目される。

「やすい、はやい」を捨て新たな顧客層を開拓

「牛すき鍋膳」で勝負をかける(画像は「吉野家」メニュー紹介ページ)
「牛すき鍋膳」で勝負をかける(画像は「吉野家」メニュー紹介ページ)

   先陣を切ったのは吉野家。牛丼に比べ脂身の少ない牛肉、白菜や長ネギなどの野菜、豆腐、平打ち麺を煮込み、一人用の卓上コンロに載せて提供する。食べている間も固形燃料でアツアツ。牛丼のように「かき込む」ことは難しい。

   価格は、ご飯が付いた「牛すき鍋膳」(並盛り)が580円。牛丼(並盛り)280円の2倍以上だが、この冬の寒さも手伝って人気を集めている。

   販売を開始した2013年12月の既存店売上高は、前年同月比16.0%増。2014年1月14.2%増、2月11.9%増と高い伸びを維持した。

   吉野家は「うまい、やすい、はやい」が信条。だが「牛すき鍋」の価格は従来に比べ、安くはない。ある程度煮立ってから提供されるため、「はやさ」もない。客の滞在時間も長くなり、回転率は落ちる。

   「やすい、はやい」を捨てたのは、新たな顧客層を開拓したかったからだ。牛丼チェーンの顧客層は、これまで急いで食べたい男性が中心。これを落ち着いて食べたい家族連れなどにも広げたかった。落ち込んだ客単価を回復させたいとの狙いもある。

鍋メニューの投入時期が明暗を分けた

   吉野家は2013年4月、「吉野家史上最高のうまさへ」というコピーをひっさげ、牛丼並盛りの価格を従来の380円から他社並みの280円に値下げ。それ以降、大幅に客数を伸ばしている。一方で客単価は減少。既存店売上高は4月から3か月間、2ケタの伸びを示したものの、徐々に息切れし、9月には前年実績を割り込んだ。

   業績も想定以下だった。吉野家ホールディングスは昨年10月、2014年2月期の連結業績予想を下方修正。営業利益は従来予想比47%少ない16億円、当期純利益は同75%少ない2億5000万円に引き下げた。牛肉など原材料の価格高止まりや、光熱費などの経費上昇が影響した。

   そこで登場したのが「牛すき鍋」。客単価の対前年同月比割れは、依然として続いているものの、昨年12月は1.7%減と、11月の7.1%減から大きく改善した。「牛すき鍋」が客数、客単価を同時に引き上げる要因となっており、株式市場では10月時点の業績予想からの上ブレ期待も高まっている。

   ライバルのすき家も2月中旬から「牛すき鍋定食」(580円)を期間限定で販売開始。2月の既存店売上高は前年同月比3.9%増と、30か月ぶりにプラスに転じた。一方、松屋は2月に一部店舗で「すき焼き鍋膳」(580円)を試験販売したが、本格展開が遅れ、5.7%減と2カ月連続のマイナス。鍋メニューの投入時期が明暗を分けた格好だ。

   息を吹き返す吉野家だが、「牛すき鍋」だけに頼ってもいられない。アツアツで提供する特性上、夏の販売増は期待できないからだ。4月の消費増税により、高価格メニューが影響を受けると見方もある。今後も人気を維持できるかどうか、注目される。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中