中国赴任社員に「PM2.5」手当支給の動き 東芝やパナソニック、労働環境の悪化に配慮

印刷

   中国の大気汚染が激しさを増し、不安が高まる中で、日本企業の中には中国に駐在する社員の健康に配慮する「PM2.5手当」の支給を検討する企業が増えてきた。

   パナソニックは2014年3月12日の2014年春季労使交渉(春闘)で、中国に在住する職員に対し「環境差手当」を増額するという文言を盛り込んだ。

労使交渉に「PM2.5」問題の提案が挙がった

   増額する理由の一つとして「PM2.5」問題の深刻化があげられた。

   パナソニック広報によれば、労使の間の労働条件見直しの交渉の際に、中国の環境を考慮したほうがいいという提案があったためだという。同社の手当は、日本と海外それぞれの労働環境を考慮し、個別に必要に応じて増額してきた。

「これまでも各国で生活環境や職場環境が急変した場合などに手当の見直しを行ってきましたし、今回もそうした流れの中の措置として検討しているということです」

   一方、東芝は2013年4月から北京、上海の2地域に赴任している社員に対し「PM2.5手当」の支給を開始している。

北京、上海に関しては「PM2.5」の数値が異常に高まったことを確認

   東芝は全世界に赴任する社員に対し、政情や衛生状態が著しく悪化した場合などに個別にそれに見合った手当の支給を行ってきた。北京、上海に関しては「PM2.5」の数値が異常に高まったことを確認し、支給することを決定したのだという。

「世界の赴任地の状況をいつも見守っていますので、中国だからという理由だけで決めたものではありません。中国での支給地域が広がっていくかどうかは今のところ分かりません」

と東芝広報は話している。

   建設・産業機器大手のコマツは、「PM2.5」が問題化してすぐに現地駐在員と、現地採用のナショナルスタッフ全員に「PM2.5」を防ぐためのマスクを配布した。コマツ広報は、

「現在は手当の支給は行っておりませんが、状況を見て常にアンテナを張り、必要に応じて検討していくことになるとおもいます」

と話している。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中