俳優の宇津井健さん死去 82歳

印刷

   俳優の宇津井健さんが2014年3月14日、慢性呼吸不全のため名古屋市内で死去した。82歳だった。通夜・葬儀は近親者だけで営み、後日お別れの会を開くという。

   東京都出身の宇津井さんは52年、早稲田大学在学中に俳優座養成所に入所。1953年には映画「思春の泉」でデビューした。60年代からはテレビドラマで活躍し、「赤いシリーズ」では山口百恵さんの父親役を好演した。06年からは「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系)で和食店「おかくら」の主人を演じた。正義感のあるベテラン刑事や、誠実な父親役など幅広い役柄を演じる名優として、多くの人に親しまれた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中