俳優の宇津井健さん死去 82歳

印刷

   俳優の宇津井健さんが2014年3月14日、慢性呼吸不全のため名古屋市内で死去した。82歳だった。通夜・葬儀は近親者だけで営み、後日お別れの会を開くという。

   東京都出身の宇津井さんは52年、早稲田大学在学中に俳優座養成所に入所。1953年には映画「思春の泉」でデビューした。60年代からはテレビドラマで活躍し、「赤いシリーズ」では山口百恵さんの父親役を好演した。06年からは「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系)で和食店「おかくら」の主人を演じた。正義感のあるベテラン刑事や、誠実な父親役など幅広い役柄を演じる名優として、多くの人に親しまれた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中