民主沖縄県連が鳩山氏に県知事選出馬打診 「『最低でも県外』発言の責任とって」

印刷

   米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設をめぐる「最低でも県外」発言が混乱を呼んだ鳩山由紀夫元首相(67)の名前が、意外なところで取りざたされている。2014年11月にも予定されている県知事選に民主党の県連が擁立を検討しているというのだ。

   だが、その狙いは発言の「責任をとってもらいたい」という珍妙なもの。民主党は前回10年の知事選は独自候補を擁立できず「不戦敗」、今回も「勝ちに行く」という姿勢からは距離があり、迷走が続いている。

発言は「パンドラの箱開けた」

鳩山氏は「辺野古回帰」表明直後に首相を辞任した
鳩山氏は「辺野古回帰」表明直後に首相を辞任した

   鳩山氏は民主党が政権を獲得する直前の09年夏の衆院選で「最低でも県外」と沖縄で訴え、県内世論が辺野古移設反対に傾くきっかけをつくった。鳩山氏は首相就任後に県外移設を模索し、党首討論では「腹案を持ち合わせている」とまで発言したが、結局は辺野古移設に回帰。直後の10年6月に首相を辞任している。

   一連の発言が「パンドラの箱を開けた」と主張するのが民主党の沖縄県連だ。県連代表の喜納昌吉元参院議員は2014年3月16日の記者会見で、知事選の出馬を打診したことを明らかにした。「(発言の)責任を最後までとってもらいたい」というのがその理由。喜納氏と上里直司幹事長が複数回にわたって直接打診したという。

   鳩山氏側は出馬について「あり得ない」などと強く否定しているという。ただ、鳩山氏は首相辞任後にたびたび「最低でも県外」論を口にしている。琉球新報によると、自らが理事長を務める「東アジア共同体研究所」は14年4月に沖縄事務所を開設する。普天間飛行場の県外・国外移設に向けた取り組みを模索するのが狙いで、基地問題そのものへの意欲は旺盛だともいえる。

民主党本部と鳩山氏は「絶縁状態」

   万が一県連が鳩山氏の擁立に成功したとしても、県連と民主党本部の対立が表面化するのは確実で、本部からのバックアップは絶望的だ。

   鳩山氏は13年6月、尖閣諸島について「中国から日本が盗んだと思われても仕方がない」と述べ、7月には民主党が「国益を損なう」と発言に抗議する声明を出している。声明は「今後、鳩山元代表の発言については、党として一切関知しない」と、ほとんど絶縁宣言に近い内容だ。

   県知事選は仲井真弘多知事の任期満了にともなって14年11月にも行われる。前回10年の知事選では「県外移設」を主張する仲井真氏と「国外移設」を主張する元宜野湾市長の伊波洋一氏の一騎打ちになり、仲井真氏が僅差で当選。民主党の沖縄県連は独自候補を擁立できず、不戦敗に終わっていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中