北朝鮮国旗掲げたタンカー、米特殊部隊が制圧

印刷

   北朝鮮の国旗を掲げた石油タンカーがリビアの反政府勢力が掌握する港から原油を積み出した問題で、米国防総省は2014年3月17日、米軍の特殊部隊がキプロス沖の洋上でタンカーを制圧したと発表した。制圧作戦はリビア、キプロス両政府の要請を受けて行われ。タンカーは武装したリビア人3人に乗っ取られていたという。

   このタンカーをめぐっては、北朝鮮の国営朝鮮中央通信が3月12日に声明を発表し、タンカーを管理するエジプトの会社に対して半年限定で北朝鮮船籍を与える契約を結んでいたと説明。タンカーが契約に違反する形でリビアに入ったことが確認されたため、登録を取り消したという。そのうえで、

「現在、この船はわれわれと全く関係がなく、この船に関連してわれわれにはいかなる責任もない」

と主張している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中