マレーシア機「インド洋南部で飛行終了」 首相が会見で発表

印刷

   マレーシアのナジブ首相は2014年3月24日深夜に会見し、消息を絶ったマレーシア航空370便(MH370)について、「インド洋南部で飛行を終えた」と発表した。英国航空事故調査局(AAIB)が民間衛星「インマルサット」のデータを解析した結果として明らかにした。MH370は墜落したとみられ、乗員乗客239人の生存は絶望的。マレーシア航空は「この悲劇に巻き込まれたすべての人に、謹んで我々の思い、祈り、哀悼の意をささげる」とする声明を発表した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中