被災地訪問ツアー「みんなでいわき!」【福島発】

印刷

   被災地訪問ツアー「みんなでいわき!vol.4」が、3月21~22日に行われた。いわきで被災者の支援活動を続けているシャプラニール=市民による海外協力の会が主催した。


   北は宮城県から西は兵庫県まで、1都1府6県から26人が参加した。シャプラニールの会員を中心に、所属・職業はさまざま。市外で開かれたシャプラ関係の集まりで会ったり、以前のいわきツアーで会ったりして、すっかり顔なじみになった人が何人かいる。


   その1人が、フェアトレード研究の第一人者である元大学教授だ。前もそうだったが、今回も一市民としていわきツアーに参加した。「何もできないが、『こんにちは』とたまに行くくらいは……」と、さらりといってのけるところがありがたい。初日の夕食・懇親会で再会の握手を交わした。


news_p200351_1.JPG

   首都高の工事現場火災などで東京の出発時間が大幅に遅れた。そのため、初日午後・双葉郡富岡町視察、2日目午後・まちの交流サロン「まざり~な」見学(=写真)のスケジュールが逆になった。わが家(米屋)の「まざり~な」にもその旨、連絡が入った。


   旅のしおりによると、ツアーの目的は、いわきに暮らす人々との対話を通じて、3・11から丸3年たったいわきの現状を肌で感じてもらうことだ。津波や地震 の被害を受けながら、原発事故による避難者を多く受け入れているいわき市では、単なる自然災害による被害とは異なる複雑な状況が生まれている――そういった現状認識からツアーが組まれた。


   人類が初めて遭遇した地震・津波による過酷事故である。国内はもちろん、全世界が日本を、福島を、浜通りを、1F(東電福島第一原発)を、その行く末を注視している。


   懇親会で隣り合わせた大阪の女性には、福島県の放射能汚染地図を"3D"化して見るように、と話した。気象と阿武隈高地の地形が明暗を分けた。これに、原発誘致という時間軸を加えることで思考はより深まるはずだ。


   ツアーには毎回、(1)地元に泊まる(2)地元で食べる(3)地元で買い物をする――ことが組み込まれている。この地域経済への配慮・貢献が、フェアトレードを活動の一つに掲げているNGOらしい。


   2日目。カミサンがどうしても「『じゃんがら』をあげたい」という。『じゃんがら』はいわきの伝統芸能「じゃんがら念仏踊り」にちなんだ、いわきの代表的な和菓子だ。1人1個ではお土産にもならないが、いわきを訪ねてくれたせめてものお礼のしるしとして――。


   四倉の海鮮料理店で昼食をとり、「道の駅よつくら港」で買い物をする時間に合わせて、急きょ、寄り道して『じゃんがら』を買い求め、一行と再会した。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中