キャラクターへの愛で95キロから42キロに 大減量は「オタクのかがみ!」とネット大絶賛

印刷

   マンガやアニメ、ゲームのキャラクターのコスプレを楽しむ「コスプレイヤー」は年々増えている。自分の愛するキャラクターになりきり、2次元の世界に行った気分になれる、普段の自分から変身できるといった魅力にハマる人が多いようだ。

   そんなコスプレイヤーの中に、キャラクターへの愛が高じて「53キロのダイエット」に成功した女性がいるらしい。ネット上のオタク界隈は「すげえ!」「オタクとはこうあるべきだ!」と大盛り上がりだ。

あだ名は「ラード」

   2014年3月26日放送のテレビ番組「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ系)で、「ダイエットで劇的に変身した女性」として、本吉甘奈(もとよし・かんな)さん(19)という女性が紹介された。

   本吉さんは一家全員「ポッチャリ体型」という家庭で育ち、ご飯に揚げ物、チョコレートや生クリームなど、高カロリーの物を大量に食べる生活をしていた。体重は最高で95キロになり、学校では「ラード」というあだ名で呼ばれていたこともあるという。

   そんな本吉さんが友人の家に遊びに行った際、アニメ「機動戦士ガンダム00」のキャラクター「ティエリア・アーデ」を見せられ、一目惚れしてしまった。

   ティエリアは紫色の長髪に伊達メガネ、きりっとした美しい顔立ちが特徴で、男性でも女性でもない「中性」というキャラクターだ。

   「ティエリアオタク」として過ごしていくうち、友人から「コスプレをしてイベントに行こう」との誘いがあった。もちろんティエリアのコスプレをしたのだが、鏡に映る姿は「変な格好のただのデブ」。イベントに行くと、他のコスプレイヤーから「何あれ。誰のコスプレしてんの?」「超面白いんだけど」などと陰口を言われてしまった。

   「もしかして私、ティエリア様に恥かかせてるんじゃ…」そう考えた本吉さんは、ティエリアへの罪悪感でついにダイエットを決意。暇さえあればランニングマシンで走り、誘惑を断ち切るため家にあるお菓子にはティエリアのイラストを貼って食欲を封印した。

   必死のダイエットの甲斐あって、最大で95キロあった体重は2年半で42キロに。実に53キロの減量に成功したのだ。

   スリムな体型で顔のかわいらしさも際立つようになった本吉さんは、番組に対し「痩せてから頻繁に告白されるようになりました。でも2次元にしか興味がないから…」と笑顔で語っていた。

「ティエリアダイエット」がツイッタートレンド入りするほど話題に

   番組は視聴者の間で「53キロ減なんてすごい!」と話題になった。特にマンガ・アニメオタクとみられるユーザーからはツイッターで、

「ティエリア様がこんな美少女を生み出してしまうなんて……」
「さすがっすわ 私もキャラへの罪悪感で痩せたい」
「自分の体型の悪口を言われたことに怒るんじゃなくて『もしかしてティエリア様に恥かかせてる?』って思うところがオタクの鑑だね…」

など感想が大量に書き込まれ、「ティエリアダイエット」という単語が一時トレンドワード入りも果たした。

   「アニメのキャラクターへの愛情で減量成功」というのは驚きに思えるが、それがダイエットへのモチベーションにつながるオタクは少なくないらしい。

   ネット上では、

「コスプレしだすようになって、自分の写真とかみる機会が多くなって、顔が丸いし、足太いしこれじゃ駄目だ!と思ってダイエット始めた」
「こんな俺がキャラを好きだとそのキャラを汚してる気分になる。申し訳ないからダイエット始めた」
「身長158センチ体重75キロだった私が二次元のキャラに本気で恋して、その人のために綺麗になるべくダイエットした。結果百貨店の外資系化粧品売り場のBAになれた」

など、実際ダイエットを始めた、成功したという体験談がいくつか報告されている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中