リクナビは「就活生を煽りすぎ」では 「企業エントリー数」競わせるやり方に批判の声

印刷

   就職活動が本格化して街にリクルートスーツの学生が増える中、就活情報サイト「リクナビ」が「就活生を煽りすぎだ」という批判がネットで噴出している。

   サイトのトップ画面に自分の「企業エントリー」件数が表示され、さらに過去の内定獲得者や他の就活生のエントリー数が自動で横に並べて比較されるのだ。

「244社エントリーしてまだ上がいる」

リクナビに表示される画面
リクナビに表示される画面

   発端はある学生が2014年3月26日にツイッターに投稿した「リクナビ」トップ画面の画像だった。「あなたのエントリー件数」は53社、「内定獲得した先輩のエントリー件数」は78社と書いてあり、その下にはエントリー件数を棒グラフにしたイラストが描かれていた。50社の目盛り付近を走る人型のマークが「あなた」で、エントリー数が100社を超えてはるか先を行くのが「あなたと似た同期」だ。

   ユーザーが他の就活生より遅れているような印象を与える表示で、グラフのすぐ下には「内定した先輩に追いつく!」というボタンがあり、クリックすると複数企業にエントリーするページに飛ぶ。

   サイトの画像を投稿した学生は「これ私がおかしいというよりは周りの連中か就活の仕組みそのものがおかしいと思う」と疑問を投げかけた。6000回以上リツイートされ反響を呼び、他の学生からも不満が多数出ている。

「『あなたと似た同期に追いつく』ってところやばい 244社エントリーしてまだ上がいることに驚きを隠せない」
「この前のリクナビのエントリー、343件してやっと自分に似た同期を大分追い越したと安堵してたら今日になってまた抜かされててわろた どんだけ就活生煽るねん」

   200や300社を超える数のエントリーをしても、「あなたと似た同期」側の数が上がり続けるケースもあり、大量エントリーに拍車がかかる一方だ。近年は1人で何十社も受ける例が多く、対応する企業側の負担も少なくない。

「こうした情報提供は罪だ」

   「大学生のためのキャリア講義」などの著書がある人材育成プランナーの山本直人氏は3月28日のブログで、

「エントリー(をたくさん)しなかったから内定がとれないという関係があるわけではない。内定した学生がそれだけの会社にエントリーしたのは事実かもしれないが、そういう錯覚を起こさせるという意味で、こうした情報提供は罪だ」と批判した。

   また、新卒入社試験で受験料を徴収する取り組みで厚生労働省による行政指導(助言)を受けたドワンゴの取締役夏野剛氏も、

「厚生労働省はむしろリクナビを『指導』すべきだと思う。就活生と企業の両方を煽りまくっている仕組みだ」

とツイートした。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中