「32年間ありがとう」「悲しいなぁ」「泣いてしまった」… いいとも最終回、惜しむ声ネットにあふれる

印刷

   1982年に始まったフジテレビ系のバラエティ番組「笑っていいとも」が2014年3月31日、32年の歴史に幕を下ろした。テレフォンショッキングのゲストにはビートたけしさんが出演して観客を沸かせた。

   ツイッターでも番組に関する発言が多数投稿され、Yahoo!の話題のキーワード1位に「いいとも」が入った。

オープニング曲「ウキウキWATCHING」を披露

   番組放送開始前から収録スタジオのある東京都新宿区のアルタ前の大型モニターには、最終回を見るための多くの人が集まった。ツイッターには現地の様子を撮った写真がアップされ、「え、アルタ前やばい人!なにこれ32年間ありがとうとか泣ける(;_;)わたしら行ったときの15倍は人がいる」といった感想がつぶやかれた。「32年間ありがとう」の横断幕を持った人もいた。

   番組が始まり牧師姿で登場したタモリさんは「今日は朝から私、涙がすごい出まして。花粉が多いなあと思いまして」と観客を笑わせ、番組一番の思い出は青汁を飲んだことで、「飲んだあとお笑いやる気しません。ツッコミもやりたくないです。人がボケると頭にきます」などと続けた。同日夜に特別番組が放送されるため「最後という気がしない」と本人は飄々とした様子だった一方で、最近は歌っていなかったオープニング曲「ウキウキWATCHING」を披露するとネットでは、

「オープニングでタモリさんが歌ってるとこ見て、泣いてしまった」 「久しぶりにタモリさんのいいともの歌をフルコーラスで聴いて、終わるんだなぁ…と思った」

といったツイートが出た。

   別の曜日のレギュラーを務める出演者も、番組を視聴しながらツイッターで感想を述べていた。タレントのベッキーさんは、

「タモリさんがいつも通り。 余計に響く。 悲しいなぁ。 失恋みたい。 悲しい。 目にも心にも焼きつけなきゃ」

と最終回の感想を述べた。

   タレントのDAIGOさんは、

「笑っていいとも! 日本のお昼に輝き続けた太陽! 2年半レギュラーとして出演させていただいた期間は宝物のような時間でした! タモリさん本当にありがとうございました!」

と感謝した。

8054回、ギネス記録を更新

   「笑っていいとも」は単独司会者による生放送の長寿番組として2003年度版のギネスブックに掲載されたことがあり、8054回を迎えた最終回はさらに記録を更新したとして、ギネス記録の公式認定員がタモリさん表彰状を手渡した。番組の最後は何と言って締めくくるかが注目されていたが、「それじゃあ、またあした見てくれるかな?」といつも通りのセリフで、観客席からは「いいとも!」の大合唱が起こった。

   ツイッターでは、

「タモリさんお疲れ様でした。 明日から何を見てお昼すごせばいいかわかりません」
「ランチタイムにタモリさんに逢えなくなるのは、ほんとに寂しい」

などの投稿が多数あり、放送終了後も番組終了を惜しむ声が出ている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中