新入社員向けアドバイスのライフネット岩瀬社長 「4月1日ネタ」と釈明、さらに批判呼び謝罪

印刷

   新入社員向けのアドバイスを書いた2014年4月1日のブログ記事に批判が相次いだことを受け、ライフネット生命の岩瀬大輔社長兼COOが3日、皮肉たっぷりの記事を更新した。

   「毎朝30分早く出社して新聞を読め」というアドバイスは、エイプリルフールのネタだとして、1日記事の内容とは真逆のアドバイスを書き連ねたのだ。ネット上では再びバッシングが起こったため、岩瀬社長は4日に反撃記事を削除して謝罪した。

「まさか、この通りにやってる人、いないよね?」

ライフネット生命の岩瀬社長、3日の「エイプリル・フール」ブログを謝罪(09年5月撮影)
ライフネット生命の岩瀬社長、3日の「エイプリル・フール」ブログを謝罪(09年5月撮影)

   岩瀬社長は1日、「入社2日目の明日から試して欲しいこと」と題したブログ記事を投稿し、新入社員に向けて「毎朝、定時より30分前にきっちりした身なりで出社し、新聞を読んでなさい」とアドバイスした。「外のお客様に自信をもって出せるか」「皆がやらなければと思っていることを着実にこなすことができるか」という評価につながり、これを1日も欠かさず継続すれば社内における信頼は確実に高まるだろうと指摘した。

   記事は反響を呼んだが、「労務管理の担当者に早出残業になるのでやめて下さいって言われるのが普通」「出社しなくても新聞は読める」といった反論も少なくなかった。そのため、岩瀬社長は翌2日にツイッターで批判的な意見に言及し、「新聞嫌いなら、経済紙でも、業界誌でも、Tech Crunchでもいい。30分前がダメなら29分までも15分前でもいい。自分の頭で考えられない人は成長しない」と、つぶやいた(現在は削除済み)。

   岩瀬社長の反論は、ツイートだけでは終わらなかった。3日には「入社3日目の今日から試して欲しかったこと」というブログ記事を投稿し、「この短いエントリーがネットではずいぶんと反響あったようですが、まさか、この通りにやってる人、いないよね?だって、書いたの、4月1日。エイプリルフールですよ」と綴ったのだ。そして「本当に言いたかったこと」として次のアドバイスをおくった。

「入社1年目の君は、会社にはギリギリ駆け込む感じで着こう。新聞なんて読まなくていい。社内の人はみんなロジカルに成果主義で、正しく、公正に自分を評価してくれるから、社内の先輩たちの信頼を得ようなんて努力は必要ない」

真意と異なる受けとめ方に「フラストレーション」

   1日のアドバイスとはまるで正反対の内容だ。加えて、ネットの批判を煽るかのように「こういうことを言いたかったのですが、分かってもらえましたでしょうか?エイプリルフールだったので、ちょっと難しかったかな」などと綴る。だが、記事の最終行には「(エイプリルフールがまだ続いています)」との一文がある。今回のアドバイスは、ネットの批判に対する「当てつけ」に見える。

   結果的に、この婉曲的な反論は岩瀬社長の評判を落とすこととなってしまった。記事には「すいませんエイプリルフールであったことを加味しても全然面白くありません…」「最高にだせえなこの人」「新入社員が逆に心配してくれそう」「ださすぎる...つまらない外野の批判は看過すればいいものを... ちょっと残念だな..」といった声がいくつも寄せられた。

   すると岩瀬社長は4日にブログを更新し、3日のエイプリルフール記事について「書き方に配慮が足りておらず、さまざまな反響を呼び、一部の方に不快な思いをさせてしまったことをお詫びいたします」と謝罪した。

「真意と違った受け止め方をされていることにフラストレーションを感じてしまいました。『それならば』と思い、自分の主張と逆の状況が発生していたらいかにおかしいかということを伝えようと、皮肉めいた内容をブログにしたのが3日の記事でした」

と釈明し、ストレートに意見を伝えるべきだったと反省した。3日の記事はすでに削除している。

   とはいえ、当初のアドバイスには「実践したい」という賛同の声もあがっていただけに、今回の騒動については「そんなに謝らなくてもよいと思うけど」「全く違和感なかったです」と、同情的な見方も少なくない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中