いまだに韓国では日本語歌詞はご法度だった 新曲の一部に「ピカ」、これで「不適格」判断

印刷

   韓国の人気女性アイドルグループ、CRAYON POP(クレヨンポップ)の新曲の一部に日本語的表現があったとして、テレビ局のKBSが放送に不適格だと判断していたことが明らかになった。

   韓国政府は日本文化に対する国民感情に配慮して、「流入」を防ぐ政策が続けてきたが、ここ15年ほどでかなり規制が緩和されてきた。それにもかかわらず唐突に厳しい判断が示されたことから、さすがに韓国内でも違和感を持つ人が多いようだ。

2010年にはSKE48が地上波生放送で日本語の歌披露

問題となった新曲は、ユーチューブで170万回以上再生されている
問題となった新曲は、ユーチューブで170万回以上再生されている

   問題だとされたのは、2014年4月1日にリリースされた新曲「オイ(Uh-ee)」の歌詞。

   日本語の擬態語「ピカッ」は、韓国語では「ポンチョク」と表現されるが、歌詞の中に日本語と韓国語を組み合わせた「ピカポンチョク」という表現が6回登場する。複数の韓国メディアが4月3日に報じたところによると、KBSはこの「ピカ」について、日本語的表現だとして放送には不適切だと判断したという。このような判断をしたのは公共放送のKBSだけで、MBCやSBSといった民放では特に問題視されなかったという。

   韓国では長い間、日本の大衆文化が国内に流入することを規制してきたが、それでも98年から04年にかけて4回にわたって規制緩和が行われてきた。特に04年の第4次「開放」では、地上波でも日本語の歌が放送できるようになった。ただ、それでも放送局側の自主規制で、原則として録画番組のみの放送に限られてきた。聯合ニュースによると、数少ない例外が10年9月に開かれた「ソウルドラマアワード」。SKE48が「強き者よ」「青空片想い」の2曲を披露し、民放最大手のMBCが生中継した。

   この生中継では、局側が事前に政府機関の「放送通信審議委員会」に法律上問題がないか確認している。かなり高いハードルを乗り越えて実現した番組だということがうかがえる。

「英語はコピーしてよくて日本語はダメなのか?」

   このような経緯を踏まえると、今回KBSが録画・生放送関係なく下した「放送不適格」の判定は、韓国側の基準にもそぐわない厳しい判断のように見える。韓国でも決定に違和感を持つ人は多いようで、韓国の大邱市を本拠にする地方紙の毎日新聞は、「論難」だとして批判している。ネット上でも

「さすがにこれはちょっとひどい」
「これは笑わせる。英語はコピーしてよくて日本語はダメなのか?これは審議員がおかしい」

といった批判的な声が多い。

   クレヨンポップの所属事務所は、KBSだけ歌詞を「ポンチョクポンチョク」に変更し、他局に出演する際は引き続き「ピカポンチョク」という歌詞でパフォーマンスを行う考えだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中