レジェンド葛西の嫁は「誰が見ても可愛い」「太陽のような女性」 仲良しの姉も絶賛

印刷

   ソチ冬季五輪で2つのメダルを獲得したノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明選手(41)が2014年2月に結婚していたことが4月7日、明らかになった。

   お相手は札幌市内に住む29歳の一般女性、怜奈さん(旧姓・張磨)。「レジェンド」のハートを射止めた怜奈さんは、葛西選手の姉からも絶賛される魅力的な女性のようだ。

ネットで「嫁」立候補盛り上がった裏で…

銀メダル獲得直後にプロポーズしていた(画像は葛西選手の公式ブログ)
銀メダル獲得直後にプロポーズしていた(画像は葛西選手の公式ブログ)

   葛西選手がプロポーズをしたのはソチ五輪の男子個人ラージヒルで銀メダルを獲得した2月15日の夜のこと。怜奈さんに国際電話をかけ、メダル獲得の報告とともに「おまえしかいない。結婚しよう」とプロポーズした。その後の団体戦では銅メダル獲得に貢献し、自身初の五輪メダルを2つ抱えて20日に帰国。婚姻届は、葛西選手の誕生日(1972年6月6日)と同じ「ぞろ目」にこだわって2月22日に提出したという。

   葛西選手の結婚についてはソチ五輪期間中にもメディアから質問が飛んでいて、自身でも「(2018年の)平昌五輪までに結婚して、子供にも勇姿を見てもらいたい」などと口にしていたが、「予定はない」とも話していた。そのため、インターネット上では、ファンが続々と「嫁」に名乗りをあげるなどして盛り上がっていたが、その裏で葛西選手は、心に決めた大切な女性に結婚を申し込んでいたのだった。

   報道によると、2人は2010年のバンクーバー五輪後、知人の紹介で知り合ったそうだ。葛西選手は「初めて気を使わなくてもいい相手だった」と親しい人物に話していたという。ソチ五輪に向けた過酷な減量も、怜奈さん特製の野菜がたっぷり入ったスープで乗り越えた。また、怜奈さんはタイ古式マッサージの資格を持っていて、疲労回復のサポートもしてもらっていたようだ。

姉「五輪後にプロポーズしたらいいのにと思っていた」

   レジェンドの「運命の人」となった怜奈さんは、葛西選手のブログにも度々登場している仲良しの姉、紀子さんの折り紙つきだ。紀子さんは8日の「あさチャン!」(TBS系)に電話で生出演し、怜奈さんについて「常に笑顔を絶やさない、太陽のような人」と語った。報告はプロポーズ直後に電話で受けたそうだが、「なんとなく、この方(怜奈さん)と結婚するんじゃないかなと思っていて、オリンピックという大きなイベントの後にプロポーズしたらいいのになって思っていた」と言う。

   さらに同日放送の「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系)の電話取材では、より詳しい人柄に触れ、「常に明るい雰囲気を出していて、私たちにも面白いことを言ってくれる。変顔をして弟を笑わたりとか、そういうことを平気でできる子なので、元気をもらえますね」と絶賛した。外見は、色白で目がパッチリと大きく、「誰が見ても可愛いという感じ」。先の「あさチャン!」では、紀子さんも怜奈さん特製のスープを食べたり、マッサージをしてもらったりしたことがあると話していて、家族ぐるみで親しくしている様子を伺わせた。

   突然の結婚報道を受け、ネット上では驚きの声があがるとともに「メダル取ってプロポーズとかかっこよすぎ」「レジェンドおめでとう!」「プロポーズのことばも素敵。さすがレジェンド!」などと祝福の声が寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中